〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2019年7月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2019/12/08 感動!!(笑)
2019/12/05 ごみ戦争?(笑)
2019/12/04 進化するということ
2019/11/30 キリンになる
2019/11/28 サンクスギビング

直接移動: 201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2019/07/09(火) 一体どうなっているの
このごろ一体どうなってるの、と思うことばかり。先週、やっとこさ税金の申告が終わった。ほっとして、喜んで、金曜日にオハイオとイリノイ州都に同時に申告書を送り、それも二日で届くというサービスで余分にお金を払ったのに、オハイオは無事にきのうだか、今日かに届いたが、なんと同じ州内で、私が車をぶっとばせば3時間で届くところに、まだ着いていないという。このごろはコンピュータで追っかけができるから見てみると、何と、8日の月曜の午前2時26分に、スプリングフィールドの配送センターを出たことになっている。午前2時って真夜中じゃないか。午前2時に出て、どこへもっていったのかと腹が立つ。私の書類の宛先は、スプリングフィールドの税務署である。夜中の2時にどこへもっていった??? どこへもっていったとしても、同じ月曜中に着くのが筋というものだろう。しょせん小さな町なんだからさ。それが、今日火曜日になっても着いていない。ドアホ。よくその程度の仕事で、余分な金を請求するよな。親方があれだけのドアホだから、連邦で働くのはアホばっかりだ、と腹をたてて、しつこくスプリングフィールドの中央郵便局に電話してやった。敵もさるもので、電話をとろうとしない。自分の封筒が心配だから、電話してくれ、とメッセージを残しても電話はくれない。スプリングフィールドは大きな町ですからねえ、と嫌味も言ってやった。(笑)どうせ向こうも全部録音しているわけで、こちらも全部記録に残す。で、最後はワシントンDCに送る。税務署にも、封筒が着いたかどうか教えてくれ、と聞こうと思ったが、電話はとらない、とのうのうとメッセージを流しやがった。くそっ、なんでこの程度の人間どもに税金を払わなあかんねん、と怒って、今日半日すぎた。(笑)「怒り」といえば、このあいだ、日本からのテレビで、ファッションデザイナーのドキュメンタリーを見ていて、そのデザイナーが言った、今の若い人は怒るべきだ、みたいな。そうよなあ、怒ることすらできない人間にとって選挙なんてなんの意味もないだろう。怒って、社会を変えたいと思うから、どの候補者がいいだろうか、と考えるわけだから。日本のテレビは、参議院選挙のニュースばかり流しているが、意味なし、である。くだらん。怒ることができない骨なし人間に、選挙の意味なし、である。(怒悲)そう思うと、韓国や香港の若者のほうがよっぽどエネルギーがある。デモをやり、不買運動をやり。。社会と関わっていこうとする意思が感じられる。それに比べて、日本は。。。くだらん。官僚が、老後に2000万円必要と言ったからといろいろ問題になっているが、その一方で、飼ってた猫が死んだ、いっしょにお墓に入りたいとぐずぐず言っているじっちゃん、ばっちゃんがいると、大きなニュースになっていた。お寺のお坊さんまで出てきて、仏教ではなんやかんやだって。あっほ。。情けない。そんな話、笑い話で、ちょろと触れればいいだけなのに、わざわざ大きくとりあげてさあ。ばか。老後に2000万円必要と、特殊詐欺で何十億という金が高齢者から犯罪組織に流れている現実と、猫といっしょに墓に入りたがる高齢者の顔を並べてみろ。あの国に何が欠けているか見えてくる。 お金を使いきれない高齢者が、詐欺に会う前に、気持ちよく社会に自分の運のいい人生を還元して、人助けをしてこの世を去れるシステムである。人間としての生を全うすることにもっと大きな眼で意義を見出す思想を身につけたら、猫といっしょの墓に入りたい、式の、気の抜けたサイダーみたいなことでぐだぐだ言ってる暇はあるまい。若者に怒る力がなかったら、高齢者も情けないことだ。イギリスの外交官が、ドアホのことを無能で機能不全と言ったんだって。そんなこと、わかりきってたことだ。無能に機能不全。。。さすが、ぴったり言い当てている。。(笑)でもイギリスとアメリカが口げんかしようと、世界は知らん顔。しょせんもともと、口うるさい親と悪ガキの子供、という関係なんだから。ははは、だ。(笑)ああ、なにもかもいったいどうなってるのか。くだらんなあ、世の中は。で、わたしゃ、再び洞窟。。(笑)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.