〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2020年1月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2020/09/19 ドライブと太鼓
2020/09/13 秋本番
2020/09/08 老いの現実
2020/09/02 半年ぶり
2020/08/27 世間様(笑)

直接移動: 20209 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2020/01/01(水) 雑煮と股関節
生まれて初めて自分で雑煮を作ったような気がする。要するに、だし汁の中におもちを入れて食べた。いつもは、おもちを食べるといえば、オーブントースターの中で焼いて、砂糖醤油をつけて食べるだけ。今日は、だし汁を作ったのだった。もうこの年になると、同じことをしたくない。一つでも新しいことに挑戦して、経験を増やしたい。というのは表向きの理由で、内心は、そうやって頭を使わねば、ぼけるぞという不安が、めんどくさいことに挑戦させている。とにもかくにも、そんな風に試行錯誤するときが花なのはようくわかっている(悲笑)で、おもちを食べてわかったことー今日は、朝から、小さく欠けた、米粒より小さい歯が口の中でころころ動いた。取り出して、触ったら硬かったから、これは歯だと思った。ああ、新年は歯医者かよ、とかいろいろ心配していたら、何と、雑煮がのどの途中で止まりそうになったのである。えええ、と、あわててだし汁を飲んだ。だし汁にしてほんとによかった。ああ、いよいよ必死で注意して食べねば、雑煮で窒息死する年齢に達したのだと知って、ぞっとした。あああああ(悲) 日本語テレビをつけて、引退する有名なバレリーナが最後のステージに向けて、練習するドキュメンタリーを見た。何と、そのバレリーナの股関節は、一部が骨折しているというではないか。えええ、骨折しているのになんで歩けるの、なんで踊れるの。なんでそんなに足を広げられるの。。そりゃ、テレビには映らなかったけれど、痛み止めをのむ時もあるんだろう、とは思うけれど。。私の股関節は骨折してないけれど、まともに歩けず、びっこひいてるよ。この違いはどこから来るの。身体の鍛え方が違うことはようわかっているけれど。骨折している股関節を動かして、華やかに鮮やかにステージの上で踊り続ける姿を、能無し股関節を抱えた女は、両足を貧乏ゆすりをしながら見た。貧乏ゆすりで軟骨が再生するかも、とか聞いたもんで。。ああ、この股関節の違い、人生の違い。。。(笑)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.