ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2007年8月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2019/08/01 20190801
2019/07/07 20190707
2019/05/02 20190502
2019/05/01 20190501
2018/12/14 20181214

直接移動: 20198 7 5 月  201812 11 10 9 7 6 1 月  201711 10 9 8 7 4 3 月  201612 11 10 9 8 4 2 月  201511 10 9 6 5 4 1 月  20149 7 6 5 4 3 2 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  201212 11 10 9 7 6 5 4 2 月  201111 10 9 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 月 

2007/08/19(日) 東京の街に出て来ました
くるりのライブに行ってきた。
自転車で2分の地元のホールで。
交通費0って素晴らしい。
まず、細すぎる岸田繁と
スーツが素敵過ぎる佐藤征史。
照明があっさりで驚く。
ベースばかり聴こえてくる気がしないでもない。
そして、ホールのせいか1階でも
皆大人しくて少し物足りなかったけれど。
でも懐かしい曲の反応はとてもよかった。
というか、「ワルツを踊れ」の曲たちとの
温度差が少し激しすぎるんじゃないかと。
そして、ライブで手拍子なんて久しぶりすぎ る。
「ハム食べたい」が強烈。色々な意味で。
ロックンロールな一部で動きすぎて
二部でややスタミナ切れになるっていう、ね。
そんなこんなで何となくどことなく
不完全燃焼だったのだけれど。
アンコールで「東京」を聴いたら
すべてが流れていってしまった。
圧倒的。イントロだけで泣ける気がするくらい。
こんな曲を作ってしまう
岸田繁はやっぱり天才だっ た。
けれど、どうもホールの雰囲気には馴染めないので
次に聴くなら小さめのハコで。
やっぱりライブハウスが好きだもの。

---------------------------------

少し前に、フジファブリック志村正彦が本気で好きだ、と
真剣に人に訴えている夢を見てしまっ た。
どうした、私。大丈夫か。

♪くるり/東京


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.