ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2019年7月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2019/12/08 20191205
2019/10/01 20191001
2019/08/01 20190801
2019/07/07 20190707
2019/05/02 20190502

直接移動: 201912 10 8 7 5 月  201812 11 10 9 7 6 1 月  201711 10 9 8 7 4 3 月  201612 11 10 9 8 4 2 月  201511 10 9 6 5 4 1 月  20149 7 6 5 4 3 2 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  201212 11 10 9 7 6 5 4 2 月  201111 10 9 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 月 

2019/07/07(日) 20190707
膨大な距離を毎日移動してエレベーターガールのヒールは減らず
(日経新聞「日経歌壇」 2019/6/8 穂村弘選)

ドローンの警戒のためドローンを飛ばしているとの注意書きあり
(日経新聞「日経歌壇」 2019/6/22 穂村弘選)

乙女らのポニーテールはことごとくほどかれてゆくプラネタリウムに
(『ダ・ヴィンチ』2019年8月号「短歌ください」 穂村弘選)

以上、掲載していただきました。ありがとうございます!
やっと少しスランプを抜け出せたみたいでほっとしている。
短歌がつくれるってうれしいな。

-----------------------------------------------------

雨の七夕に木下龍也さん、岡野大嗣さんの
『玄関の覗き穴から差してくる光のように生まれたはずだ』展へ。高円寺。
カフェを兼ねた小さなギャラリーはすごく不思議な空間で。
外は雨が降っているのにどこかひかりを感じられたり、
すごく静かなのに饒舌な世界でもあって。
文字たちの展示、とてもとても素敵だった。
在廊されていた岡野さん木下さんに、勇気を振り絞り
連作を見ていただき、ちゃっかりサインもいただき。
こんな贅沢なことってないと思う。
顔と名前とオムレツの歌も覚えていてくださって、
ちょっと泣きそうなくらいうれしくて。
アドバイスは割とずばっと言っていただいたのだけれど、
おふたりともとても的確で、すごくありがたかった。
さらにうれしいことに岡野さんから、
送ってくれれば連作を見てあげるとも言っていただけて。
贅沢すぎる。本気で泣いてしまう。
連作、頑張って絶対に見ていただく。頑張る。
短歌がわたしをいろいろなところに連れていってくれて、
思いもよらないような景色をたくさん見せてくれて、
本当にありがたいなと思う。短歌やっててよかった。
写真に見切れているのは木下さんの後ろ姿。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.