関西大学 体育会陸上競技部 部員日記
最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2015年2月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新の絵日記ダイジェスト
2024/02/03 ごめんなさい
2023/09/17 ご自愛ください
2023/09/12 ヒカキン
2023/08/27 我が家に犬がやってきました!
2023/08/17 合宿!!

直接移動: 20242 月  20239 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 月 

2015/02/05(木) 春休みです
秀平が言っているように鳥のように俯瞰し、虫のような目をしているつもりはない、男子ロングパート3回生の松本道義です。

さて、秀平も言っていたように、男子ロングパートの上半期目標は、「全日本大学駅伝予選会において3位以内、全日本大学駅伝の出場」です。関西の3強に割って入るには、簡単なことではありません。ですが、私たちには不可能ではなく可能なことです。そのため、6月の予選会まであと4ヶ月しかないこの時期から、全ての取り組みが繋がっていると言っても過言ではないと思います。
しかし、この時期は毎年チームとして緩んでしまう時期でもあります。今年も例外ではありません。では、この状態を解決するにはどうすればいいでしょうか?

やはり現状を変えていくしかないと思います。ですが、いきなり大きいことを変えようとしても、それはまずムリです。今すぐに駅伝前のような練習を全員がこなせるわけはありません。では、なにから変えていくかといえば、小さいことから変えていくしかありません。例えば、FC2をその日のうちに書く、2部練をする、遅刻をしない、補強をサボらないなどです。今まで何回も言ってきたことだと思うので、そろそろできるようになりましょう。このような走る以前の当たり前にやるべきことすらできていないチームが、全日本に行けるわけがありません。
もちろんできている選手も多いので、できている選手ができていない選手を引っ張っていき、全員がこれぐらいはできるようになりましょう。
そして、それぞれが気付いていること、感じていることがあれば、遠慮なく言ってもらいたいです。私だけでは到底足りないので。

このチームで挑める最初で最後の予選会となるので、なにがなんでも目標を達成しましょう。

ここまで男子ロングパートのことばかりでしたが、どのパートもこの時間のある春休みの練習を大切にし、春シーズンでいい結果を出せるように1日1日を有意義に過ごしていきましょう。

秀平の言っていたような説得力があったかどうかわかりませんが、この辺りで次の人に襷リレーしたいと思います。次は、先日行われた金剛葛城駅伝において、一般の部優勝チームの主将を務めていた三野ちゃんです。よろしく!!


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.