関西大学 体育会陸上競技部 部員日記
最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2015年7月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2024/02/03 ごめんなさい
2023/09/17 ご自愛ください
2023/09/12 ヒカキン
2023/08/27 我が家に犬がやってきました!
2023/08/17 合宿!!

直接移動: 20242 月  20239 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 月 

2015/07/13(月) こんばんは
こんばんは、出家した赤松君から紹介を頂いた、最近原因不明の体調不良に悩んでいるミドルパートの藤原伸哉です。
やっと大学生のリズムに慣れてきて、これからより一層陸上に打ち込めるようになってきました。(テスト勉強は置いといて…)
私はつい先日、地元の兵庫選手権に出場しました。結果は中学生でも出せるようなタイムで走り、近畿選手権に駒を進めることはできませんでした。
試合後、高校時代にお世話になった、他校の兵庫でも強豪の高校の顧問の先生と話をする機会がありました。そこで、「今の君は言ってることもレースも遠慮しているよ」とアドバイスをいただきました。
振り返ってみると、確かに色んな人から「最近練習はどうや?」と聞かれると、私は「先輩が強すぎてついて行くのに精一杯です。」と答えてました。謙遜でもなく本当にそう思っていたのですが、全国でも通用する先輩方と一緒に練習をしていくなかで、いつの間にか「先輩には負けても仕方ない」や、「今の自分の力はチームでこの位かな」と自分の実力を勝手に決め付けてしまって、陸上選手として大切な勝ちに行く「闘走心」を失っていたと思います。陸上競技は相手と戦う前にまずは己との闘いだと思います。己に勝てない選手は試合で勝てる訳がない。そのことに気付くことができたので、今回の失敗を成長への糧にしていきます。なので、明日からは闘走心むき出しでいこうと思います。
どん底からの再スタートですが、必ず目標としている全日本インカレの表彰台に立てる選手になるので、これからもよろしくお願いします!
次は関西大学陸上競技部ダイアンパートのパート長、上田君です。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.