関西大学 体育会陸上競技部 部員日記
最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2015年7月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2024/02/03 ごめんなさい
2023/09/17 ご自愛ください
2023/09/12 ヒカキン
2023/08/27 我が家に犬がやってきました!
2023/08/17 合宿!!

直接移動: 20242 月  20239 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 月 

2015/07/15(水) こんばんは
こんばんは、最近一部の男子ロングに人気が出てきました菊池航平です。
台風による金曜日休講を虎視眈々と狙っています。
さて、先日男子ロングは8年ぶりの全日本大学駅伝出場を決めることが出来ました。自身にとっては初の全国大会です。自分は中学生から陸上競技を始め、駅伝の面白さを知り高校では都大路を走りたい、という思いから駅伝の伝統校報徳学園に進学しました。高校は陸上競技中心の生活で、坊主強制、携帯所持禁止、男子校、などなど、笑えないような環境で都大路を全力で目指してきました。ですが、兵庫県一番の壁は厚く、在学中に都大路出場を達成出来ず、チーム個人共に近畿止まりの3年間でした。全国は焦がれ続けてきた夢の舞台です。出場した人の体験談を聞く事は出来たとしても、経験していない自分にとって未知の世界です。楽しみで仕方がありません。また大学でも競技を続ける以上、個人でも全国の舞台で戦える選手になりたいとこの頃強く感じます。結果が伴えばどんどんとワクワクが増えていきます。そのワクワクが増やせるよう、より貪欲に競技に取り組んで行きたいと思います。
次は、ロング1回生伸びしろナンバーワン岸田君宜しくお願いします。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.