関西大学 体育会陸上競技部 部員日記
最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2019年8月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2023/09/17 ご自愛ください
2023/09/12 ヒカキン
2023/08/27 我が家に犬がやってきました!
2023/08/17 合宿!!
2023/08/04 可能性という名の神

直接移動: 20239 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 月 

2019/08/05(月) 失敗は成功の母
春学期が終了し、念願の夏休みに突入しました。これまでは勉学中心の生活を送っていましたが、ようやく陸上競技に身を捧げることができますね!そのような中で僕は関関戦での怪我以降、満足に練習を積むことができず、前半シーズンのまとめとして位置づけしていた京都選手権は記録なしという結果で終わりました。
キングコング西野さんは『挑戦には、ネガティブな結果は必ずついてまわります。でも、大丈夫。そういったネガティブな結果は、まもなく過去になり、そして僕らは過去を変えることができる。失敗した瞬間に辞めてしまうから失敗が存在するわけで、失敗を受け入れて、過去をアップデートし、試行錯誤を繰り返して、成功に辿りついた時あの日の失敗が必要であったことを僕らは知ります。つまり、理論上、この世界に失敗なんて存在しないわけです。』と近畿大学の卒業式で話されているのを聞いて、僕の中で失敗や過去の出来事に対する捉え方が変わりました。
そのおかげで怪我をしてまともに走れない時でも、悲観的にならず、違う角度から陸上競技に向き合い、走れない状況だからこそやるべきことを見つけ実践することができました。そして現在は、練習復帰を果たして、後半シーズンで15mを跳ぶことを目標として練習に励んでいます。陸上競技はクローズドスキルを必要とするので、日々の練習から自分と向き合いながら技術向上するとともに、パートの仲間と競い合って互いを高め合う夏休みにしたいと思います。
次は、陸上大好き杉浦さんです。よろしく。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.