★FC熊野コーチ日誌★
ここはFC熊野コーチ群が、練習・試合の様子を皆様にレポート報告する場所です。
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2008年2月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  
最新の絵日記ダイジェスト
2017/12/02 U10ジュニアカップ予選
2017/05/24 5/21バイシクルリーグ開幕
2017/05/05 5/5 板橋フットサル4年生大会
2017/04/23 バーモント6ブロック予選&フレンドリー鹿浜
2017/04/22 6ブロックハトマーク4年大会予選

直接移動: 201712 5 4 3 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 1 月  201511 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 月 

2008/02/17(日) 板橋冬の大会3日目&練習試合
<3年生>
まず速報で!高学年A&低学年Aチームが勝ちあがりベスト4進出したそうでおめでとう(*^^)v・・・中学年は m(__)m
千早高校にて3年生はリトルインデアンと練習試合を行いました。結果3−0・1−1・2−1(10分ハーフ)でした。昨日の疲れもなんのその!午前中練習までして本当に元気な3年生ですね(笑)。内容も何回かサイドにボールを出し折り返してシュートに持っていく形があり良かったですが、逆に攻撃に出て相手に返されたボールから何回もカウンターを受けた所が今日の反省点ですね。ディフェンダーはしっかり相手の位置を確認して頭の上を抜かれないようにし危ないときはサイドに蹴り出し相手の攻撃を確実に切るように出来ると良いですね。この2日間はたくさん試合が出来疲れたと思うので今日は早く寝ましょうね!
この2日間寒い中応援に来て頂き有難う御座いました。みんな少しずつ成長してるようですからこれからも暖かい声援宜しくお願い致します。  Y・A

<冬大会低学年A>
 1回戦から3週間経ち、待ちに待った大会2戦目。寒い中全員元気に揃ってくれて、まずはほっとしました。
結果は、桜川A戦6−0、3戦目のビートルイレブン戦7−0で夏の大会に続きベスト4進出です。 おめでとう!
 今日の目標は、ボールは強くける、ドリブル・シュートは積極的にするとし、練習から心がけましたね。
桜川戦では、前半始め小さい場所で、弱いパスや中途半端は球出しで、相手の中に埋もれ、特に右側だけでの試合でしたね。 途中からやっと慣れてきたのか、ボールをきちんと捕らえられるようになり、パスからの飛び出し、得意のサイドへの展開ができるようになって来たら一気に点が入ってきました。ゴール前へつめるという気持ち、相手のGKが捕るまで一生懸命走ったナギサやシュウト、その動きは絶対無駄にならないよ。そして、その気持ちがアキトの大会初ゴールを生みました。コウタも空振りはしたけど、転がってきたボールをゴール目指して思いっきり振切りました。その気持ちを出して欲しかったんだよ!! 次は右側からだけでなく、左のタクがいるスペースをもっと使えるともっと楽しくなるよ!!
ビートル戦は今度は左サイドも多く使えてきたし、積極的にシュートを打てていました。しかし、点を取り出すと皆が前に行き過ぎ、戻らない・走らないとなります。 自分のポジションはどのような事をするのかも考えて見ましょう。
2試合を通して、タクマ・ユウキの安定した守りと前への押し上げは良かったですよ。中盤の選手が真ん中でどんどんボールをもった相手選手へ絡んでいけばもっと良くなっていきます。
皆が積極的に動き・ボールに触って、楽しかったと思えるような試合をあと2試合やろうね。 君たちは試合を通じてどんどんうまくなっていますよ。 コーチは皆が活躍してくれてとても嬉しい中、疲れから早々と寝てしまいました。 A.H 
<高学年A>
やりました!FC熊野トップチームがベスト4に勝ちあがりました!!結果はレパード戦1−0、ゴールデン戦2−1でした。
[レパード戦] 戦力はほぼ互角。前半は一進一退が続きお互いがチャンスをものに出来ず前半終了。ただ、皆が必死にがんばってました。後半は若干熊野ペースで試合が進み、残り時間が半分くらいになった時、Oコーチの采配がずばり的中。スピードのあるヤマトをFWに据え、ミズキの縦パスに超人的な動き出しの速さでヤマトが追いつき、中に折り返したところに待ってましたJJがシュート!待望の1点が入りました。それからも守りに入る事なく、もう1点の気持ちで攻めの姿勢でがんばり続け終了のホイッスル。ベスト8進出です。
[ゴールデン戦] リーグ戦でも練習試合でも負けたことがないから大丈夫じゃん。なんて思ったら大間違い。テクニシャン揃いのチームなので1対1なら熊野の大半の子が負けてしまう相手なので、必ず1人に対して2人でプレッシャーをかけていく必要があったのですが・・・それが裏目に出たのか自陣ゴール付近のサイドでディフェンス2人が釣られ、真ん中が手薄になったところにパスが出て先制されてしまいます。プレッシャーも中途半端なところもあり、ボール支配率は圧倒的にゴールデンのまま前半終了。下を向いてベンチに戻って来る子達にコーチの檄が飛びます。「まだ下を向く状況じゃない!時間はまだあるんだから前を向け!」 ここで負けたくない!と皆が気持ちを前に向け後半開始。それでもボールをキープする相手になかなか攻めきれない状況が続きベンチも応援団にも力が入り熱くなってきたところで待望のイチのゴール!!でもまだ同点に追いついただけ。どうしてもあと1点がほしいがFKなどのチャンスも得点に結びつかなく、PKが頭をよぎり始めた中、左サイドをヤマトがドリブルで持ち込みループシュートを決め逆転!そこからの終了の笛が鳴るまでの時間の長い事長い事(そう感じただけ)。なんとか勝利を掴むことが出来ました。みんな良くやりました。完璧なサッカーで勝てた訳じゃなく、気持ちで勝てた2試合だと思います。ここで満足せず、次の高島平戦も気持ちで絶対負けないで挑みましょう。先制点は熊野がとろう! とりあえず準決勝進出おめでとう。

2008/02/16(土) 3年生練習試合
本日、快晴強風の中荒川河川敷で練習試合を行いました。「今日は勝敗は別とし皆が出場出来るよう!」とA・Bと2チームに分け各2試合行いました。
vs桜川 1−3● 今日の第一試合は一番風の強い中で行いリュウノスケのゴールで先制するも終了間際に追い付かれ、後半メンバーを変えましたが風下でボールが飛ばず相手に押し込まれ2点奪われました・・・ちょっと朝の弱さが出た感じですかね?
vs成増 1−2● 相手が8人しか揃わず8対8での試合となり前半キーパーがちょっとラインオーバーして相手にFKを決められ先制を許し、その後バックパスがキーパーの逆に行き痛恨のオウンゴール・・・(T_T) 後半やっとエンジン全開で1点返しほぼ相手サイドで攻撃するもゴール前での詰めが甘くタイムアップ。
vs中台 8−0○ やっと目覚めたか熊野メンバー!普段ディフェンスで頑張っていたユキ・タカヒトがハットトリックとゴールラッシュ!守りではタクト・カイト・ショウタが踏ん張り会心の試合でした。
vs志村東 2−1○ 両チームとも互角の試合展開で前半1点先制されましたが後半粘って1点返し段々熊野ペースの展開、残り5分位にアツヤのサイド突破からピンポイントのクロスが上がりケイタがダイレクトで合わせゴ〜ル!2−1と逆転 (*^^)v
そのままタイムアップでした。
今日はコーチの誕生日でいきなり「おめでとう!」と言われちょっと照れくさかったですが・・(^_^;) 最後にアツヤ・ケイタの
素晴らしいゴールをプレゼントしてくれありがとう!
また今日は寒い中応援して頂き有難う御座いました、参加した全員が良く頑張ってくれました(タクト・ダイスケ・イッセイ・他全員)。 明日も練習試合あるから今日の最後の試合のようにサポーターを喜ばせるように頑張りましょう!  Y・A

2008/02/09(土) 板橋冬の大会2日目
第32回「板橋区少年サッカー大会」前週順延となった2日目の結果です。
今日は寒い中、低学年B、高学年A、高学年B、中学年A、中学年Bの5チームが一生懸命頑張ってくれました。
<低学年B>
対桜川SC戦、白熱した勝負ではあったものの結果は1-2で惜敗でした(T^T)
「勝敗上の悔しさ」を敢えて言うなら、相手が君たちと同じ1年生(Bチーム)だったということ。でも「内容的な悔しさ」は…ないぞ!寒い中、足下の定まらない中で本当に頑張った!だから「今回は」相手の力が上だったと素直に認めよう。ヒロムの先制弾、30分走り続けたジン、ジオン。最後までゴールを狙ったソラ、アヤト、そして何よりもこの大会のためにキーパーの勉強をして見事に大役を果たしたシンetc.とにかく全員(応援してくれたタクとリュウマも含め)が参加しての真冬の戦いでした。
これで1年生としての公式大会はすべて終わりました。初参加した夏大会は8-0で完敗、歓喜の完全優勝のU-7大会、そして今回惜敗の冬大会。どれもが君たちのサッカーヒストリーのはじまりを飾るにふさわしい経験であり、コーチと君たちとのかけがえのない思い出です。(なんて雪化粧を見ながら&飲みながら&思い出したら、やばい…泣けてきました。)
さぁ、いよいよ来年は低学年トップチームへ。頑張ろうな!
At this time now, next year's challenge to the glory started! (-_☆)V KOBA
<中学年B>
高島平Aとの対戦。夏の大会チャンピオンチームなので大敗を覚悟してましたが、負けはしましたが皆が必死にがんばってくれたおかげで大敗はせず惜敗?でした。雪で延期になったせいで新井コーチと大泉小組が欠席でどうなる事かと思いましたが、前半は守備的にして失点を2点に抑え、後半は中盤を厚めにして若干攻撃的にしましたが、失点は同じ2点でしたが熊野が攻め込む場面も何度かありコーチ的には負けたけど結構スッキリしています。みんなしっかり走ってがんばってくれたし、試合に出ていない子も寒い中震えながらも一生懸命に応援してくれたから大満足です。夏の大会には良い結果がでるよう一緒にがんばろう!
<中学年A>
悔しい・悔しい・すっごく悔しいPK戦終了後、コーチから『悔いはないか?』と聞かれた時、泣いてるやつ、唇をかみ締めるやつ、呆然としてるやつ、いろいろいたけど、みんないい顔してたよ!
      ーーいい戦いでした!!ーー
後から考えれば、いろいろあるけど、それは後からなわけで、あの戦いは素晴らしかったと俺は思う。みんな胸張っていいよ。
相手がうちの3年生みたいに勇敢に攻めてきてくれれば、結果はおのずとちがった結果になったのだから。ただ集中を切らさず最後まで守りきった相手も勇敢だった。
反省点はないけど、今後に活かす点が2点
・今後6ブロックとか都大会とか行くと、すごく強い相手と戦う時が来る、今日相手がした戦い方をすれば勝てる可能性はゼロではない!
・今後も板橋区の大会では、対熊野ということで、徹底的に守ってくる相手は減らないはず、どう切り崩して点を取るかひとりひとり考えてみよう!
       悔いはないけど悔しいな。  KK

<高学年>
高学年はAチームがシルバーBと、BチームがシルバーAとの試合になりました。 結果はAが12-0で勝利、Bは1-4で逆転負けとなりました。
(高学年B)
 前半はサイドからチャンスメークをするも、ゴール前への詰めが無く一進一退の中、サイドから入り込んだオノが先制ゴールで1-0で前半終了。後半は後ろから前にボールを出してカウンターを狙うも、逆に守りで簡単につっかけかわされて、ゴールをとられその後はあっという間に3失点。結果は1-4の逆転負け。 今日のような足元では、相手に体をつめずに足だけでいくと簡単にかわされてしまいます。また後半は攻めの足が止まり、中盤がぽっかり空いて、前に出たところをサイドから攻められています。高学年では攻めも守りも自分で、どういう事が必要かを考える事が大切です。これは普段から練習でやっていくことで身につけましょう。
<高学年A>
10人しかいないし、ピッチの状況が悪い状態だったのでボールは転がらない、ボールに水分が含んで飛ばないせいなのか、前半は攻めてはいたが中々決めきれず2-0で終了。後半はポジションを若干変更してやっとエンジンが掛かりゴールラッシュ。終わってみれば大量得点で勝つことが出来ました。ただ全てが良かったわけではなく、何度か裏を取られたり、詰めが遅かったりという所もあったので各自で自分の悪かった所を思い返し、次の試合では悪い所が出ないよう意識をして臨みましょう。次は厳しい試合になるはずです。6年生は最後の大会なので後悔しないようにがんばりましょう。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.