★FC熊野コーチ日誌★
ここはFC熊野コーチ群が、練習・試合の様子を皆様にレポート報告する場所です。
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2008年3月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2018/02/26 板橋U11ジュニアカップ(5年大会)
2018/02/25 板橋U8ジュニアカップ(2年大会)
2017/12/02 U10ジュニアカップ予選
2017/05/24 5/21バイシクルリーグ開幕
2017/05/05 5/5 板橋フットサル4年生大会

直接移動: 20182 月  201712 5 4 3 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 1 月  201511 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 月 

2008/03/23(日) 板橋ジュニアカップU-11 決勝
せめて3位グループでは1位になりたいと思って臨んだジュニアカップの2日目の初戦はリトルインディアンズ。なぜかリトルと試合をするとかならず点を決めてくれるミズキがこの試合でもドリブルからのミドルシュートで先制点を決めてくれます。先制点が入ると熊野ペース。久しぶりのタジマのシュートで追加点。コーナーキックからヤマトが打点の高い見事なヘディングシュートを決めて前半終了。後半も熊野ペースで4年の助っ人イタルが駄目押しゴールを決め4-0で勝利しました。
2試合目はSC360戦。この試合は全員が普段やった事のないポジションで臨みました。やりなれないポジションでもヤマト、ナオキが決めFWで出たアオイもしっかり決めて前半終了。後半は中村兄弟の兄セイヤが2得点、弟シンヤが決めて6-0で決勝進出。
決勝はシルバーフォックスです。この試合に勝てばメダルがもらえるので皆が意識しすぎたのか、前半は熊野ペースで進むも決めきれず0-0で折り返します。後半は攻撃に重点を置くためポジションを1つ前に上げてどんどんシュートを打とうというコーチの指示に見事に答えたミズキがゴール!その後はサチオも決めて2-0で勝つことが出来ました。本当は1位グループでの優勝を目指してた子はあまり喜んでいなかったように見えましたが、実際にメダルをもらうと皆うれしそうでした。大会を振り返るとシャークスには相変わらず勝てなかったし、九曜には1人の子にやられちゃうし、高島平SCは4年生が出てきて1位グループだったりを考えると決して大喜びで誉められる成績ではないかもしれないけど、このチームは出来たばかり。これからはこのチームで全少、リーグ戦を戦っていきます。これからはもっと良い成績が残せるようがんばりましょう。今回はとりあえずメダルをもらえた事だし良しとしましょう。
MVPはミズキが取りました。おめでとう(^^)v

2008/03/22(土) 板橋ジュニアカップU-11 予選
サッカー日和の中、U-11ジュニアカップが行われました。
初戦は向原シャークス。シャークスとは昔から何かしらの大会でよく対戦しておりあまり勝った記憶がない相手で、去年の6ブロックの大会でも3位になった強豪チームです。ただ、何回も対戦している為マークしなきゃいけない選手はわかっているのでそこさえ抑えておけば何とかなるかと思ったのですが・・・
サイドを突破されヤマトがフォローに行ったところを手薄になった真ん中にノーマークの4年生が待ってましたとセンタリングを合わされ先制されます。その後は気合を入れなおし中盤では決して負けてはいませんでしたが、なかなかシュートまでは行けず、逆にまたしても1点目と同じパターンで4年生に入れられ2−0で敗戦となりました。

2戦目は九曜戦です。シャークスとは逆に今まで対戦の記憶がない相手ですが、マークすべき選手はわかっていたのですが・・・
止められませんでした。2人がかりでも無理でした。ハーフライン手前あたりからのドリブルを止められませんでした。あのハーフ?の子。あの子はすごいよ。あの子に2、3点決められ熊野は特にいいところもなくワタルの技ありの1点のみで1−4で完敗。

3戦目はアズサジュニア戦です。ここはなんとしても勝ってせめて3位で通過したいところ。ところが開始間もなくペナルティーエリアで相手選手を倒してしまいPKを入れられ先制点を奪われます。ただそれまでキーパーでがんばってもらったイタルがフィールドに入り、中盤でキープできる子が1人増えたおかげでリズムが良くなりヤマト、セイヤが得点を決め2−1の逆転勝利。何とか3位で通過する事ができました。

2008/03/02(日) U6サッカーフェスティバル@江戸陸
奮闘健闘の板橋冬大会から一夜明け、天候&気分も穏やかな日曜日、幼児チームはJFAキッズU6サッカーフェスティバルに参加しました。
オレンジ色のユニフォームに身を包み、初めて背番号と「KUMANO」を背負ったちびっ子戦士13名。江戸川陸上競技場の天然芝のグラウンドを所狭しと走って、蹴って、転んで・・・全員が全部の試合に出場して一生懸命頑張りました。結果は1-1、1-1、2-1の1勝2分、勝敗は関係ないにしても、チームとして全試合で得点を挙げることが出来たことが嬉しかったね!(ちなみに得点者はジン、ショウヤ、カンタ×2)
今月幼稚園を卒園したらいよいよ1年生。学校で楽しく勉強して、FC熊野でたくさんサッカーする。そしてサッカーの大好きなお友だちをもっといっぱい誘っておいで。仲間とライバルは多い方が楽しくて強いチームになるからね(・Ω・)ノ4月、新しい低学年のメンバーとして君たちが登場するのを、コーチやお兄ちゃん達も待ってるからなー!!(ちなみに飯野&小林コーチは開会式みんなで踊った準備体操by♪チャンピオーネが気に入ったので振り付けを勉強しておきます。)
KOBA

2008/03/01(土) 板橋大会 最終日
天候の影響で1ヶ月以上もかかった冬の大会も最終日を迎え、なんと低学年A・高学年Aの2チームが最終日に臨みました。
結果は低学年Aは準優勝、高学年Aが3位と素晴らしい結果となりました。
<低学年A>
14人全員で最終日試合をしたかったのですが、残念ながら2名が病気で欠席、2人の分も残り12名で頑張ろうと誓い準決勝に臨みました。 
今日の初戦である準決勝は北前野Aとの対戦。 今日もボールを強く蹴る、周りに遠慮しないでどんどんドリブル・シュートをする、たくさん走ると決めました。 試合は一進一退、予想通り北前野は右サイドからドリブルで攻めあがって幾度もピンチを迎えました。しかし熊野はシュウトの積極的な守りからのパスを、ハルキ・ナギサがゴール前へドリブル&シュート、そして熊野得意の走りこんだミサキのシュートで先制。熊野らしい得点です。
その後も何度もチャンス・ピンチを迎えるもタクマ・フミヤ・ヨウタ・ユウキの必死の守りで1-0で勝利。守りはいろんな意味でとても勉強になった試合でしたね。でもナイスゲームでした。 この試合守りは、相手を見える位置にいないとパス一本でピンチになるという事を学んでくれたと思います。
さあ、夏に続く決勝の相手は高島平A。 試合前の名前を呼ばれるのはやっぱり緊張するよね。 前半は、互角の試合もゴール前の混戦から出たボールをシュートされ今大会初の失点。ボールへはもっと早くよらないとね。  その後シュウト・ナギサを中心に攻めるも、また同じ内容でこぼれたボールを高くけられて、そのままゴール。GKにとっては厳しいゴールでしたね。前半は0−2、しかしこのままでは終われません。後半は怒涛の攻めを開始、ハルキから何度もゴール前に良いボールがくるも、皆がスルー? やっとミサキが決めて1点差。その後も相手ゴールにミサキ・タクマ・シュウト・ヨウタとシュートをするもあと一歩。(本当にあと一歩なのにね・・・)
残念ながら1−2で敗戦。 本当によく頑張ってくれました。 
欲をいえば、高いボールには、頭や胸で先にさわること、ゴール前の浮き球には体のどこでも良いから触ることができたらもっと良かったね。 タクやリュウマも1年生ながら良く頑張ってこの大会でまた成長しましたね。ツヨシのGK最高だったよ。コウタも気持ちが出たときのプレーはとても良いよ。 コーチたちは皆の頑張りがとても嬉しい、悔し涙を流した君たちは更にまた成長するよ。 最後負けたけど準優勝はすごい、胸を張って言えるよ。君たちは最高だよ、おめでとう。コーチも今日は嬉し涙でした・・・  A.H
<高学年A>
大会3日目から2週間間があり待ちに待った準決勝、相手は常勝軍団高島平Aです。うちらは失うものは何も無い。おもいっきり楽しんでこよう!と試合に臨みました。ところが、た〜ち〜あ〜が〜り失点!ちょっとしたミスで早くも先制されてしまいます。さすがに準決勝の相手ともなるとミスが失点に繋がります。ただそれで目が覚めたのか、熊野も必死にボールに食らいついて一進一退の攻防が続き何度もシュートチャンスがありながら決められず前半終了。後半も細かいパスを繋ぎチャンスを作りますが中々シュートが入りません。逆に相手にディフェンスの裏を取られ追加点を取られます。相手のパス廻し、個人技、寄せの速さから段々運動量が落ち、またしても縦への速いボールから失点。熊野はコーナーキックから1点返しますが、ダメ押しの1点を入れられ1−4で試合終了。惜しくもベスト4で敗退となりました。センターバックのユウキは責任を感じてあやまってましたが、決して君のせいではありません。逆に君のがんばりに感動しました。テツ、ブンちゃん、リュウジ、JJ、ショウちゃん、イチ、アキラ、それと6年生相手にがんばった5年生の子たち。君たちは堂々と胸を張って銅メダルを喜びましょう。君たちのがんばりは次の6年生が引き継いできっとがんばってくれる事でしょう。おめでとう銅メダル。ありがとう感動を。

今大会を通じて、ご協力していただきましたコーチ・役員・保護者の皆様、本当にありがとうございました。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.