★FC熊野コーチ日誌★
ここはFC熊野コーチ群が、練習・試合の様子を皆様にレポート報告する場所です。
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2008年5月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2017/12/02 U10ジュニアカップ予選
2017/05/24 5/21バイシクルリーグ開幕
2017/05/05 5/5 板橋フットサル4年生大会
2017/04/23 バーモント6ブロック予選&フレンドリー鹿浜
2017/04/22 6ブロックハトマーク4年大会予選

直接移動: 201712 5 4 3 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 1 月  201511 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 月 

2008/05/18(日) バイシクルリーグ
昨日に続き板橋高校でバイシクルリーグが行われました。
vs桜川
昨日に続き桜川とリーグ戦を戦い、前日は4−1で勝利するもタツヤ・ゴウの主力2名を欠きましたがその穴を埋められるのが4年の良い所・・(笑)。しかし試合が始まると桜川の体を張った守備にてこずり互角の前半!何度かチャンスを作るがゴールを割れず0−0。後半ベンチでサイドから攻撃する事を徹底させ4分に右サイドのケンスケからの折り返しをリュウヤがゴール前で何んとか押し込み1−0。その後もなかなか追加点が奪えず10分にCKから「オウンゴール?」待望の追加点かと思ったら相手DFのハンドでPK!本日キャプテンのアツヤが蹴ったが狙いすぎ?PKを外してしまい・・冷や汗。しかしその2分後またしてもケンスケからゴール前に浮かしたボールをリュウヤが決め2−0となりました。残り時間を考えメンバーチェンジ!そのすぐ後にケイタとリュウノスケがしつこく相手DFに絡みボールを奪ったリュウノスケが抜け出しゲットゴ〜ル!結果3−0で逃げ切りました・・・暫定1位でこの2日間を終えました。
2日間結果は3勝1敗でしたが攻撃の時のパスが弱い点・また受ける側のボールを呼ぶ声などまだまだ修正する点が沢山見えました。失点はアンラッキーな1点と相手マークのミスからの失点だけだったので守備は皆で良く頑張りました・・(*^^)v これからは相手のマークもきつくなり今日のような試合が増えると思うので練習でも気を抜かず頑張って行きましょう! また2日間熱い応援有難う御座いました、子供達のプレーには良い時も悪い時もありますが一生懸命頑張っていますのでいっぱい褒めてやって下さい・・m(__)m    Y・A

2008/05/17(土) 開幕4年バイシクルリーグ&6年生6Bフットサル大会
<バイシクルリーグ開幕戦>
本日板橋高校でバイシクルリーグ2008が開幕しました!去年優勝してもらったトロフィーを返還し気持ちを新たに熱い戦いがはじまります。
vsリトル
今日3試合目に熊野の初戦が始まりました、先日のフットサルでPK負けをしたリトルにリベンジを・・・でしたが1試合目をこなしたリトルにボール支配率は上回るものなかなかゴールをこじ開けられず前半0−0で終了。後半もシュートを打つもキーパーのファインセーブ&ポストにはじかれ不運が続く中高く弾んだボールがGKの頭を越え痛恨の失点、熊野も必至に反撃するも無常のタイムアップ(T_T)・・・初戦痛い黒星スタート。
vs桜川
リトル敗戦後すぐに迎えたこの試合、気持ちを切り替えメンバー&ポジションを替え挑みました。前半アツヤからの折り返しにリュウノスケが蹴り込んで待望の先取点!・・でしたが4分後にマークの裏を取られ失点1−1。またしても悪いムードが漂う中アツヤのドリブルから勝ち越しゴ〜ル!前半終了間際にゴウが決め3−1で折り返し、後半もチャンスを作るもなかなかゴールを奪えず終了間際にユキのコーナーキックをヒデオが決め4−1で勝利・・・ホット一息・・(*^^)v
vsシャークス
試合前に「今日最後の試合だから絶対勝って終わろう!」と誓って挑んだ本日最終戦。シャークスのFWにかき回されるがユキ・ゴウ・カイトのDF陣が頑張ってチャンスを潰し5分にコーナーキックからリュウヤが先制弾!そのリュウヤが今度はFKから抜け本日2点目をゲット!後半もピンチはあるが安定した守りで少しづつ熊野のパスワークが冴えて来て右サイドからヒデオに渡りフリーで待っていたケンスケにナイスパスが渡りケンスケがゴール右端に決め3−0・・・タイムアップ!
本日は2勝1敗の成績でした。最近試合もA・Bと別れ同じチームでやってないのでいまいちコンビプレーが出ず消化不良の試合でした。時間帯も一番暑い時で選手も大変でしたがもっと声を出してプレーしましょう!これからもっと厳しい試合が続きますしもっと暑くなって来ますから普段から遊びでボールを追っかけ走りましょうね!バイシクルもまだ始まったばかり、今日出場出来なかった子も残りの試合にチャンスはあるから一生懸命練習して皆でトロフィーを受け取ろう・・・。
また暑い中朝から応援して頂き子供達も頑張っていますので引き続き応援宜しくお願い致します。    Y・A

<6年生6Bフットサル大会>
全日本予選6Bフットサル大会が、浮間子供広場にて実施されました。
予選リーグではフナト・リトルと同組、フナト戦は前半1−0、ワタルのすばやいドリブル、ヤマトの堅実な守りで結果は3−1でしたが、もっと攻める事ができたはずで、スペースへの走りこみ、ただ蹴るのではなく、どこにボールを出すか、常にボールの動きをみたプレーが必要です。失点は一瞬の気の緩みからです。リトル戦は前半から攻めて3−0で2勝して1位で決勝トーナメント進出です。
しかし2戦を通じて、小さいコートなんだから、もっと積極的なシュート・声を出しての連携が必要です。
決勝トーナメントは、3年生のときに乾杯した東十条ビクトリー。試合は、一進一退で前半は押され気味、クロスから逆サイドに出され失点、後半は攻めゴール前のFKからミズキが決めて同点。その後チャンスが続くも、最後のシュートの精度、足が止まっているのかパスからの詰めが遅く、同点でタイムアップ。
勝敗はPK戦となり、3人全てに決められ惜しくも敗退。
 6年生は、もっと声をだしての連携、パスが出る前にスペースへ走りこんで行く事をもっと練習からやっていかないと、更に強い相手には勝てません。
しかし6Bでベスト16、朝から遅くまでお疲れ様でした。A.H

2008/05/12(月) 5年生6B大会最終日
昨日に引き続き、小雨どころか時々、大粒の雨の中、ホームグランドの高島平少年サッカー場で5年生6B大会準決勝が行われました。
準決勝 対 城北アスカ(北区)
<試合状況・結果>
 今までとは違い、相手の情報もなく、どんな相手か分からない状況でのKick off。スタメンは昨日までと同じ11人。メンバーは同じでも、いつもと少し違っていたのは、相手がどんなチームか分からないにも関わらず、最初から全体的に前に前にと行き過ぎていた点…。うちのチームは慎重に試合に入り、慎重過ぎて消極的に試合をスタートする傾向があるのに、この試合は最初から全員が攻撃に意識を奪われ、守備がおろそかに…。 前半開始早々、この試合何度となくうちのゴールネットを脅かし、揺らすこととなる選手に、前がかりになっていた所をカウンターから先制される…。ベンチのコーチ達は、選手自身で修正策を考えて欲しいと言うことから特に何も指示をしませんでした。しかし結局は何ら修正策を見い出せず、前半だけで4失点…。
 後半は、頭を切り替え頑張りましたが、相手の方が1枚上手。さらに1点追加され、0−5で試合終了。決勝進出ならず…。
 降りしきる雨よりもお寒い結果でしたが、良い勉強・良い経験が出来たのではないでしょうか…。

<アドバイス>
 相手がどんなチームか分からない時、試合開始直後は様子を見るために、焦らずじっくり戦力分析をしながら戦うと言うことも知ろうね。「確実に守備が出来ないと強豪チームと戦う時には大量失点してしまう危険があること」を前回のコーチ日誌に書きました。この試合は正にそれが出てしまいました。練習できちんと修正していこう。 ミスを連発し前半途中で交代させられた選手…、ベンチに帰ってくるなり悔し涙を流していました。自分のミスを自覚し、悔しい思いを持ち、必死にプレーをしていたことを知ると、誰も文句を言う気にはなりません。コーチ、サブのメンバー、応援のお母さん達他、みんな見ています。常にチーム全員がそういう気持ちでプレーをすれば、良い試合が出来るはずです。それだけの力を持っています。結果は後から付いてきます。
 悔し涙を流した後にどういうことを考え、どう対処していくか…、期待しています。 敗戦の中、頑張りを見せ、声を出し続けたヒョウマ、泥だらけのユニフォームが似合っていました。

<コーチの反省>
 もう少し早く、選手交代・ポジションチェンジをしていたら…と言う点。前日の試合の時に相手チームのスカウティングをしておけば…と言う点。この2点がコーチとしての反省点ではなかったかと思っています。

<苦言>
 今、熊野はみんなの頑張りで、板橋区の中では他のチームから追われる立場になりました。しかし勝っているからと言っていい気になってると「あっ!」という間に追い着き追い越されます。では、どうすればいいか各自それぞれ答えを考えましょう。(プレーだけでなく、一スポーツマンとしての行動も。)

準決勝で敗退してしまったので、三位決定戦へ。
 対 コアラ(?区)
<試合状況・結果>
 相手チームのKick off前のパフォーマンスに、選手も、ベンチも、応援席も、目を白黒…。うちも何か素敵なパフォーマンス考えますか? 準決のスタメンとは攻撃陣を大幅に変更し前半スタート。良い攻めを見せるものの、なかなかネットを揺らせないでいた中、ゴール前でのフリーキックのChance! イケちゃんの俊輔バリの左足が炸裂!ゴール右隅に突き刺さる。1−0
 その後も良い内容の試合を展開するも、スコアは動かず、前半終了。 後半なかば、カナトの押し込みで2−0 その後、熊野のコーナーキックをはじき返されたこぼれ球をノドカが拾い、ゴール前へ。イケちゃん、この試合2点目となるヘディングでのシュート。3−0 試合終了と共に、止んでいた雨が再び目から…。6B大会三位!!おめでとう!!!立派な賞状・トロフィーを頂きました。

<今後の課題>
 ポジション取り、トーキックの効果的な使い方(特にピッチの悪い時)、ハイボールのヘディングでの処理、ボールの落下地点の予測、相手の攻撃の予測、空いたスペースを使った効果的な攻撃、スローインからのリスタート時の切り替えのメリハリ。

<感想>
 2日に渡る雨の降る中での試合にも関わらず、風邪をひいて休むと言う子が1人もいなかったことに、お母さん達の子供達への愛情を感じました。(子供達は意識してるのかな?)残念ながら決勝進出はならなかったものの、城北アスカ、養和に次ぐ三位ということで、『母の日』に相応しい良い贈り物になったのではないでしょうか。 土曜日の試合のアップ時に怪我をして戦線離脱してしまったヒラタ、まずはしっかり治して下さい。
 5年生全員、大会を通して、モチベーション高く、良い試合を見せてくれたと思います。ありがとう m(_ _)m N0.14-O

2008/05/10(土) 5年生6B大会ベスト8&4
天気予報通り、朝から小雨が降る中、北区赤羽にある北運動場で6B 5年生大会の3回戦、準々決勝が行われました。
◎3回戦〜ベスト8へ〜 対 向原シャークス
 お互い、手の内を知っているので、今日の試合は走り勝った方・走り通せた方が『勝ち』を手に出来ると話しをし、いざ ”戦い” へ。 前半なかば、カナトが先制。このままゴールを量産出来るのでは!?という感じだったが、DFの連携で大事な ”声の掛け合い” が無い上、ハイボールの処理の緩慢さが出て、カウンターから2点取り返され前半終了…。 後半、守備は修正出来てきて安定感を増すが、なかなか点が取れず…。コウキ→イワタツ、タケ→シノに換え、ポジションも少し変更し流れを変えに出たところ、イワタツの相手GKへの果敢なプレス・押し込みで同点。
 PK戦にもつれ込むのでは!?と思っていた終了間際、イケちゃんの冷静なこぼれ球への反応・シュートで逆転!! 結果、3−2で勝利!!ベスト8進出決定!!

◎準々決勝〜ベスト4へ〜 対 九曜
 これまた、お互い知り尽くした相手。うちも九曜も前の試合、激戦を勝ち上がってきたので、お互い勢いが感じられ、緊迫した空気の中、Kick off。 お互い良い所を、消し合いつつ・出し合いつつ、一進一退の攻防。前の試合で直そうと話した「声を出し合って、ボールを見合ってしまう ”お見合い” を無くそう」「ハイボールをヘディングで跳ね返そう」ということを実践出来、シャークス戦より守備が安定。 あとは、オフェンスが点を取ってくれればと言う状況で、コウキの右足ボレーが炸裂!相手GKの頭の上をすり抜け先制! 足の止まり始めたコウキに換え、1試合目と同じくイワタツ。貪欲にゴールを狙っていたけど、スコアは動かず、そのまま試合終了。 結果、1−0で勝利!!準決勝進出決定!!
・試合評価
 今日は、立ち上がりのエンジンのかかりの悪さは影を潜め、全体的に良い緊張感の中でスタート出来ていました。 ただ、ハイボールの処理・競り合い、相手ボールになった時のプレスの遅さ・甘さから失点してることを反省し、もう少し楽に、確実に守備が出来ないと強豪チームと戦う時には大量失点してしまう危険があることを自覚して欲しいです。 2試合目は完封した点は評価出来ますが、相手にクリアされてしまうと思い、プレスする足を止めてしまうこと、ボールをぶつけられるのを怖がり相手に背を向けてしまうことを無くすようにして欲しいです。 攻撃に関しては、もっと自分を信じ、自信を持ってシュートを打つ。ドリブルするべき場面、パスを出す場面の正しい状況判断をして、もっと点を取って欲しいですね。    No.14‐O

2008/05/03(土) 4年生フットサル大会
昨日から降り続く雨の中小豆沢球場(人工芝)にてフットサル大会が行われ、熊野はA・Bと2チームで参加しました。
<Aチーム>
予選リーグは下赤塚・ときわ台・シャークス・シルバーフォックスと4試合行い3勝1敗で2位通過で決勝トーナメントに進みました。初戦はビートルと対戦しましたが完敗・・(T_T)順位決定戦でなんと熊野A・Bが対戦、Aチームは7−8位決定戦に回りゴールデンに勝ち7位で終わりました。ちょっとトーナメントの組み合わせが悪かったけれど残念な結果となりました。特にビートル戦は苦手意識か試合前からモチベーションが下がりまるで別のチームになってしまいました。強い相手と戦う時ほどもっとお互いに声を出して挑まないとこの先もっと苦しい試合に勝つ事が出来ません。勝ってる試合では多少出るけど試合をするのは自分達なのだからもっとゲーム中に声が聞こえるようになりましょう!
A・Bチームとも同じ事が言えますから今回の結果を反省し次の試合に生かしましょうね!またAチームのMVPはゴールを量産したケイタが選ばれました・・・おめでとう(*^^)v Y.A
<Bチーム>
Bチームは桜川・リトル・ゴールデンAと3試合を3連勝で1位通過で決勝トーナメント進出!決勝トーナメントではまたリトルと対戦しましたが予選で3−1と勝利したものの、やはりトーナメントでは相手も気持ちを新たに挑んでくるので「油断?」ではないだろうが2−2のPK戦!どうもPK戦は苦手意識があるようで0−2で敗退となってしまいました。下位決定戦で熊野Aを破り再度桜川を破り5位となりました!特にBチームは同じグループの相手と戦った分ちょっとした気の緩みが出たかも知れませんね!今回の結果を受け止めてどの試合も気を緩めず全力で戦う強い気持ちをもちましょう!なおBチームのMVPはリュウノスケが選ばれました・・おめでとう「力こぶ!」  Y・A


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.