★FC熊野コーチ日誌★
ここはFC熊野コーチ群が、練習・試合の様子を皆様にレポート報告する場所です。
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2010年7月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2017/12/02 U10ジュニアカップ予選
2017/05/24 5/21バイシクルリーグ開幕
2017/05/05 5/5 板橋フットサル4年生大会
2017/04/23 バーモント6ブロック予選&フレンドリー鹿浜
2017/04/22 6ブロックハトマーク4年大会予選

直接移動: 201712 5 4 3 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 1 月  201511 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 月 

2010/07/31(土) 練習試合
本日は荒川の河川敷グランドで高学年はお隣の豊島区より第一SSCさんを招き練習試合を行いました。
〈5年生〉
8人制 20分×2
1−1 アキト
5−0 ヨウタ・ハルキ×2・ミサキ・ナギサ

夏の大会でAチームに呼ばれた3名が戻り久しぶりの5年生だけの試合!治療で休んでいたコウスケも元気に復帰して来ました。
最初の1本はバイシクルのスターティングメンバーで組んでみました。試合は押し気味でしたが最後の詰めやシュートが弱く得点が取れ無い。そんな時に相手のシュートをちょっと躓いたか?
キーパーのツヨシがハンブルして失点!しかし少しは反省したか、「ドンマイ」の声が出ていました・・・(笑)
その後、最近突破力が付いたアキトが抜け出し同点ゴール!
1−1でドローでした。
2試合目はディフェンスのメンバーを前気味に使いミサナギを下げてみました。これが良かったのか?何回も後ろから上がりチャンスを作ってくれました。ヨウタの個人技での突破、ツヨシのサイドからの粘りから逆サイドでフリーになったハルキの得点等良い形が出ていました。この試合は効率の良い得点が多く良かったです!この調子でどんな試合でも、お互いの良い所を生かせる様にして行きましょう!暑い中お疲れ様でした・・・(*^^)v  Y.A

2010/07/24(土) U10ジュニアカップ順位リーグ
雨で延期となっていた板橋ジュニアU10(4年生)ジュニアカップの2日目順位リーグが快晴の中荒川で実施されました。 今日の相手は相手チームだけでなく、異常な暑さ。 各チームとも同じ条件ですが、いかに休みをしっかり取りながら気持ちを集中できるかになります。 主力の2名が休み、体調不良の選手もいましたが、今日は攻撃的にもう一度自分達のサッカーを全員でとりもどそうをテーマに臨みました
vsレパードJr 3−0 マサ、タクマ、ハルヤ
初戦の相手は近隣のレパード、攻撃的な布陣で臨むもなかなかよい形に出来ず、それでもパスを受けたマサが抜け出し、得点。その後タクマの技ありシュートで得点。 しかし、ここでも簡単なトラップミス、ボールを貰ってから動きを止めてしまうという悪さがでてチャンスをつぶしています。 それでも後半CKからのこぼれ球を後ろから思いっきり振りぬいてゴールしたハルヤのシュートはナイスシュートでした。 でももっと点は取れた試合でしたね
vs高島平 0−2
vs桜川 0−1
 どちらの試合も熊野の方が押していたと思います。 失点やピンチは守りが足だけで行き簡単に抜かれたり、守りの判断の遅さですが、これは集中できていないことで今までも何度も言われていますね。 暑さはどこも同じ、そんな中気持ちが悪くなって試合に出られない選手も出てきましたが、それでも残った選手が頑張ってくれないとね。 全員が同じ気持ちで戦わないと、相手は本当に熊野に勝ちたいという強い気持ちできています。
結果1勝2敗でグループ3位、5・6位決定戦に臨みました
vs下赤塚 1−2 タクマ
 最後は全員で楽しいサッカーをと臨みましたが、数名の子供は体調が良くなくベンチスタート。 それでも頑張るのが本当の熊野4年ですが、最後まで熊野らしいサッカーは出来ずにタイムアップ。 この学年は大会ごとに優勝チームが変わる戦国年代。 各チーム打倒熊野から、今はどこも力を付けています。 君達は力はあるのだから、コーチが言っているように全員が今以上にレベルアップをする為に、普段から練習をしてほしいな。 そして個人でなく、全員で今の壁を乗り越えよう。 明日からは新しいスタート、また体力面から鍛えていくよ。 でもそんな中、初めて試合で挑戦して頑張ったシュウヘイのGKや、試合途中体調崩しても頑張ったカズキ、試合に出て結果出したチカラと良かったぞ。 試合前から体調が良くなかった選手も頑張ったけど、今回は言い訳なし。 次回は挑戦者として頑張るよ A.H

2010/07/19(月) 夏の大会:最終日!
FC熊野が最終日まで駒を進められたのは、低学年Aのみとなり兄熊達のためにも何とか頑張りたい。昨日に引き続き猛暑の中チビ熊達は準決勝に挑みました!

◆RESULT■□
■準決勝
vs九曜FCジュニアA 1-1 △ (ソウタ)

いつものペースで熊野が攻撃をしかけていたものの、前半の早い段階で相手コーナーキックから1点を先制されてしまいました。けど全く焦りはありませんでした。逆に早すぎたので必ず取り返せる!コーチも思っていたし、皆も胸に拳を『コンコン』。。大丈夫、大丈夫「0−0」と冷静に切り替えて次に行けました。だって押していたのは熊野だったしね!すると前半も終わりかけに差し掛かった時に、右サイドからソウタが決めて同点!GKを良く見て蹴った良いシュートでした。前半に追いつけたのが大きかったね。そして後半に入り、一進一退の攻防が続きました。今大会あまり攻め込まれる場面がなく自陣での守備に多少不安がありましたが何とかしのぎ終了間際に相手陣内の深い位置でFKを貰い、ソウタが狙って蹴ったボールはゴールマウスの上段に飛ぶと・・荒川の風が「ビュー」と吹きつけゴールポストに当たり、そのまま試合終了。。今大会初のPK戦へ・・・。

■PK戦 3-1 ○(カイホ・ソウタ・エイスケ)
熊野後攻で始まったPK戦、相手が豪快に1本目を決めると、負けじとカイホが豪快にお返しで1-1。続く相手の2本目はGKエイスケの頭上に!すると腕が伸びたかの様にたたき落とす!そしてソウタが落ち着いて決めて1点リード、2-1。続いて相手の3本目はゴール右へ外れる。そしてGKエイスケ自ら決めて3-1。相手4番手の蹴ったボールはエイスケの正面に!今度は前に伸びた腕で弾き返し!お見事!ファイナル進出です!
試合終了となり、九曜の子達が挨拶をしに来てくれた時・・。九曜の子達が泣きながら『絶対優勝して下さい!僕たちのためにも絶対金メダル取って下さい!』と言い残して去っていき。思わず「グッ」と来ました。

そして迎えたファイナル!
熊野と戦い敗れ去ったチームのためにも頑張ろう!君達の目標達成まであと1勝。泣いても笑っても最後の1試合!綺麗な芝生で思いっきり楽しんでサッカーやろう!挑んだ決勝戦でした!

◆RESULT■□
vs成増少年SC 5-1 (ソウタ×4・シンペイ)

決勝のご挨拶・・。みんなカッコ良かったぞぉ^m^。

前半の2分、5分にソウタが早々2点をゲットしてくれたお陰でスムーズな試合運びが出来ました。ノリノリムードの中、コーナーキックからシンペイが合わせ3点目、おまけにソウタがもう1点加えると、前半の終了間際にFKを与えてしまい嫌な予感・・・。相手のキックがゴール前にくるとハクユウに当たり闘莉王張りのオウンゴールを謙譲し、前半を4-1で折り返す。後半になると相手が猛攻撃に転じ、準決勝同様に一進一退の攻防が続きました。暑さと深い芝、広いグランドに体力を激しく奪われ、徐々に走り負けが目立ちましたが、みんなの気持ち?気力?気迫?の上だったのでしょう。試合終了に差し掛かった時にダメ押しのFKをソウタが決めて試合終了!
祝!優勝!(*^^)vやったね!おめでとう!
【大会総括】
今大会5試合で『29得点・2失点』とても立派な結果であり、君達の目標であった『優勝』を成し遂げる事が出来たのは本当にすばらしい事です。自分達に自信を持って良いと思います。一見、得点力が目立ちますが『影の努力者』事、カイホ・タイヨウ・タイシのセンターバックが良く頑張ってくれました君達がしっかり後ろで押さえる事が出来たから攻撃陣が得点を量産する事が出来たと言っても過言ではありません。しかも全試合フル出場も立派です。それからハルヤ・ユウゴ、君達のオールラウンドプレーヤー(攻撃・守備)がなければこの優勝もなかったと思います。チームのために良く我慢したね。ありがとう。それからGKの『3スケ』事、リョウスケ・キョウスケ・エイスケは、あまりGKの練習が出来なかったけど自分のできることを一生懸命やりました。サイドバックのシンペイ・ソラトも相手の嫌がるDFでした。両ウィングのシュウノスケ・コウタはFWにしては得点が少なかったけどゴール前を最後まで良く詰めてたね。続ければ必ずチャンスが来るぞ!オウンゴール含め2ゴールしたハクユウ、初得点して喜んだ顔が印象的でした。そして今大会29得点中、15得点をしたソウタは、正に攻撃の要でした。小さい体で右に左に良く頑張ったしチームのみんなにも優しくなれてとても大人になったと思います。
コーチは君達が幼児の時から知っています。練習中に板ニ小の山に登ったり、プレーより先に口が出てたり・・(今もか?)とても成長したことに感動しました。ありがとう!
今日は、お父さん、お母さんにたくさんサッカーの話をして、たくさん褒めて貰ってね!
本当に優勝おめでとう!(^○^)OGU

2010/07/18(日) 続夏の大会
高学年B

vsビートル 0−7
ベスト16に進んだ高学年Bチーム、今回の相手は優勝を狙っているビートルとの対戦となりました。
開始早々に左サイドを崩され失点!ちょっと早い時間に痛い失点をしまいリズムを崩されてしまった。その後時折反撃するけれど相手の早い攻撃に翻弄されて前半3失点。
後半も5分までは持ち応えたいましたが、暑さの為動きが鈍くなり立て続けに失点をして0−7と完敗してしまいました。
特に気になるのはサイドを崩された時にゴール前で相手のフリーの選手を作り過ぎ、ボールのある所を見てしまうので自分の後ろにいる相手の選手が全然見ていない!また戻りが遅すぎる為フリーの選手を作ってしまう。暑いのは相手も同じなのだから周りをしっかり見て「指示」を出してあげれば直せると思います。
普段ゲーム中に「声を出す・話す」と何回も言っていますが、この様な時にいかに大事な事か分かったでしょう。
また技術的に敵わないまでももっと球際でのしつこさが足りなかった。試合後数人の選手は汗を掻き真っ赤の顔をしていたがその選手達は必死に頑張っていた証!でもそれが数人しか居なかったのが残念です。もっと全員が戦う姿勢を見せればもう少し良い試合が出来たでしょう。Bチームに一番足りない所はこの姿勢!
試合後ナギサが号泣していたその悔しさが物語っている様に、その位の必死な気持ちを持って貰いたいものです。  Y.A

<低学年B>
◆RESULT
vs ときわ台SC A 2-3 ×(ショウタ・カズキ)

1回戦を見事勝ち進みベスト16に進んだ低学年Bチーム、今回の相手は同じく1回戦を勝ち進んできた、ときわ台SC Aチーム。初めての大きな大会にも関わらず、みんな元気よく、またこの猛暑にも負けず荒川の大きなグランドを縦横無尽に走り回っていました。
さて試合の内容ですが、開始早々からボールの奪い合い、取って取られての繰り返しでした。前半に先制されてしまいましたが、この失点で目が覚めたのか、なんと小熊たちは、体の大きな相手にも関わらず、倒されても倒されてもすぐに起き上がり、ボールを奪いに行きました。そして、後半戦の内容を誰が予想したでしょう!?なんと点の取り合い。まずはこの試合、何度も見せてくれたショウタのパワードリブル!相手のディフェンダーを振り切りそのままシューーート!待ちに待った、低Bチームの今大会初得点!!ナイスゴール、ショウタ!!この後、2点を取られてしまいましたが、このチームの底力には驚かされました。なんと後半途中から入ったカズキのゴール斜め45度からのグランダーシュートが決まって1点差。最後は押せ押せムードで、終了間際にもビックチャンスがありましたが、あと一歩届かず試合終了のホイッスル。結果としては、残念でしたがみんなが最後まで諦めずに、勝ちたいという気持ちを持てたこと、チームが一つになれたことが、今大会の大きな収穫でした。今日は全員に◎です。試合が終わってからみんなが言っていた“悔しい”という気持ちを忘れずに、これからまたみんなでサッカーを楽しんで行こーね。
保護者の皆さま、暑い中ご声援、応援本当に有難う御座いました。今大会、子供たちは一生懸命頑張りました。これからの成長に是非とも期待してください。NAI

2010/07/17(土) 夏の大会三日目
<低学年A>
◆RESULT■□
vsリトルインディアンズA 3-0 ○(シンペイ・ソウタ×2)

これまでの試合の結果を忘れ(゜o゜)?今日が本当の初戦である事をみんなとても意識出来てました。ここから1戦づつ大事に戦って行くぞ!と、挑んだ2回戦でした。
サイドバックながら得点力のあるシンペイがゴール前まで詰めてたお陰で、相手の蹴ったボールがシンペイに当たりそのままゴールイン!貴重な先制点を奪い前半を1-0で終了。迎えた後半も熊野ペースで押し気味にゲームを進めそろそろ追加点が欲しいところでソウタがメッシ張りのドリブルでペナルティエリアを右から左へ流れ、左足を振りぬいたシュートがネットを揺らし2-0!するとエンジンが回ったソウタが続いて相手ゴールキックをそのままねじ込み3-0!勝負あり!お見事、ベスト8進出!(*^^)v
◆RESULT■□
■準々決勝(3回戦)
vsシルバーフォックスA 6-0 ○(ソウタ×4・タイヨウ・ハクユウ)

そして迎えた準々決勝!試合前に2回戦の総括をした時、コーチが『ベスト8おめでとう!(*^^)vパチパチ』と言ったら・・。君達『シーーン・・・(-.-)』これには驚いたよ。そして皆が口をそろえて言いました。『こんなとこで喜べない!だって僕達、優勝したいんだ!<`ヘ´>』・・・(・.・;)みんなが同じ目標に向かってがんばる事を覚え、1つ大人になった証拠だね。さて、迎えた試合は開始早々ラッキーな相手のハンドでPKを貰い。『絶対決めれる人が蹴れぇ!』と言うとほぼ全員手を上げたのはビックリしたぞぉ(@_@;)。みんなで決めたキッカーソウタがきっちり決めて先制すると、タイシから出たプロ並のスルーパスを受けたタイヨウがそのままドリブルで持ち込み追加点を奪う!あっかんはタイヨウが左サイドで粘って折り返したボールをあのソウタがポストプレーで後ろに叩き、突っ込んで来たハクユウが蹴りこみ初ゴールをあげたのはみんなで繋いだ魂の入ったゴールでした。その後もソウタが右から左からゴールを量産し、6-0の完勝!
これで「ベスト4」進出です。おめでとう!(*^^)v『36⇒4』とても立派です。けど君達の目標はまだ先にありますね。明日も1戦づつ大事に全員サッカーでがんばろうね!(^○^)OGU
保護者の皆様へ
暑い中、熱い応援ありがとうございます。明日も非常に暑くなります。本日、何人かの子供達の水が無くなっていましたので、多めに用意する様にお願い致します。それと本日の激戦と相当の暑さでしたのでしっかり休めさせる事と、食事は、炭水化物(米・パスタ等)を多めに取るようにお願いします。食欲が落ちているかも知れませんが、食べないと明日動けませんので宜しくお願い致します。

<中学年B>
◆RESULT■□
vs リトルB 0-1 ×
-----
残念でした。
一番の敗因は、ほとんどのシーンで相手より先にボールに触ることが出来なかったことでしょう。だから、いつものリズムが生まれない、そのままて実力の(?)全てを出し切ることが出来ず、何となく敗退、だからこそ実に悔しい敗戦です。
でも「これが」実力です。相手は同じ3年生、正直もう少し通用すると思っていましたが、ある意味完全に力負けです。
相手にも負けましたが、自分たちにも負けたんです。みんなの「いつもの」リズムがでなくて…公式戦でこう振り返っているうちはまだまだなんです。大会は試合なりに、相手なりに、自分たちでリズムは「いつでも」それなりに刻んでいくことが出来ないといけない。
これまで大会でリズムをつくってくれていた二人の中心選手が今回はAチームに。しかし君たちは最高のリズムで先週の一回戦を突破、きっと「二人がいないからこそ」生まれた素敵なリズムで、です。でも今日は逆。展開はどこか他人任せ。後手に回る玉際、終始相手のリズム。こういう展開になるとリズムを変える二人の力が欲しかったよ。ピッチの外で応援していた、今日の君たちと同じく自分のリズムを刻むことなく、先週みんなより先に大会を去った二人の力を。
何が言いたいかわかりますか?今回のBチームのみんなも、そして二人も、つまり3年生全員がそれぞれに「まだまだ」なんです。そしてそれはもちろんコーチの指導が「まだまだ」だからです。
Bチームのみんな、特に試合後涙した選手にあえて言いたい。勝てたはずだよ、もう一つ。Aチームの二人も、どんな場所でももっと自分らしいプレーが出来るはずだ。
3年生、それぞれの敗戦を「意味ある」ものにしよう。そのために意味のある夏にしよう。秋に向けてみんなでもう一度チームをつくっていくよ。
KOBA
【追伸】低学年Aチーム、ベスト4おめでとう!優勝目指して「自信を持って」頑張れ!

2010/07/12(月) 夏の大会高学年A・B
土曜日に高学年A、日曜日に高学年Bチームが初戦を迎えました!今回はどちらも好発進できました・・・(^^)v

高学年A
vsリオ 13−0 リュウノスケ×2 カイト×2 ヒデオ×3 アツヤ×2 ケイタ×3 ユキ
高学年Aチームの初戦相手は北野を10人ながらPK戦で勝ち上がって来たリオとの対戦になりました。最近3バックから4バックに変えて両サイドからの攻撃のバリエーションが増えてこの試合でもそれが生きていたようです。試合も開始早々に1点・2点と得点を挙げる事が出来伸び伸びとゲームを楽しんでいました。
やはり先制点が早い時間に取れ勢いが付いたのが勝因でしょうか?前半に6点、後半に7点と珍しく爆発!余りの多さに得点者が間違っているかも知れませんが・・(笑) スタートとしては出来過ぎの試合でした。しかし、ゴール前でのクロスに対しもっと体ごと押し込む気持ちが欲しい所!この先の試合はその辺の気持ちの差が勝敗を分けるので強い気持ちで挑んで貰いたいです。

高学年B
vsシルバーフォックスB 4−0 ミサキ×2 コウタ ナギサ
高学年BチームもAに負けない様に良い試合が出来ました。
開始から優位に進めるが得点が奪えない、しかし16分にミサキが先制!後半4分にはコウタが貴重な追加点を奪い完全に熊野ペース!時折カウンターを食らうが、コタロウが体を入れ防いだり
個の力ではAに劣りますがそこは皆でカバーをして4−0と勝つ事ができました。しかしこの先からは強豪揃い、どんな試合でも自分が出来る事をしっかりやれば自信になりますし成長出来ます。やれば出来る!頑張ろう!    Y・A

2010/07/11(日) 夏の大会二日目
今日は曇りに中、昨日出場していない4チームが参加。 全チーム勝ち残りを目指して、精一杯がんばってくれました。
<中学年A>
0−1 ● 九曜A
今日の対戦相手の九曜は何度も対戦していて、その度接戦を演じながらも勝利してきた相手。 しかし、九曜の選手・コーチは朝熊野のテントの横を通る際に言っていました。 ”熊野に勝てば優勝できる” 九曜の選手は熊野に勝つ事を目標に今日を迎えています。 しかし、熊野はその先を考えていました。 残念ながらその差が試合での気持ちとして出た感じがします。今日のテーマは、守りと攻めの間を広げず、上げ下げを意識すること。難しいけど、いつも言っているみんなで攻めて守る事で、攻めは戻っての守備、後ろは攻めのフォローということ。 今日の九曜は本当に素晴らしい戦いをしてきました。 熊野がやろうとした攻めと守りを狭めて1対1での勝負をしかけてきました。熊野得意のサイド攻撃も封じてきていて、お互いこう着状態の中相手の反則でもらったPK。 ここを決めればというチャンスもバーに当たり得点できず。 逆に熊野の反則で与えたPKを決められて失点。後半最後は攻撃的に向かうも、惜しいシュートが枠を捉えずそのままタイムアップ、0−1で敗戦。試合自体は悪くなかったし、子供達は気持ちも入っていた良い試合でした。 しかし、相手はそれ以上に熊野に勝ちたいという気持ちがあったでしょう。 ここのわずかな差があり、これが今日の試合のポイントでした。
最近の試合から見えること、コーチも考えましたが、それは"壁” これはいろんな時に現れ、成長のじゃまします。 今の4年生はその壁に当たっている気がします。でも悪いことではなく、低学年・中学年のサッカーから更に成長するための壁で、越えなくてはいけないものです。考えて行動すること、気持ちを変えることで越えられます。これを越えると、更に良い景色が見えて、楽しいサッカーが出来るようになります。 でも越えるのは簡単でないし、4年生が全員越えられるようにみんなで一生懸命・切磋琢磨して頑張ろう。 次はU10大会、その後6Bジュニア大会と続くので、皆で新たな4年熊軍団として戦いましょう。板橋区でも頑張って、外のチームとも対戦していこうね。
保護者の皆様、多くの声援・応援をありがとうございました。今日は残念でしたが子供達は良くやってくれました。これからですので期待していてください。 A.H

<中学年B>
◆RESULT■□
vs 北野B 6-0 ○ (ショウスケ×3、ユウト、ソウタ、レイ)
-----
初戦突破の結果もさることながら、内容も良いサッカーでした。(^-^)
運ぶことと、繋ぐこと。サイドから生まれるチャンスと、フィニッシュ。特にスタメンのゲーム運びはバランスも良く見ていて楽しかったよ。もう少し左サイドからの攻撃(枠にシュートを打つorクロスを確実に繋ぐ。)からも崩したかったけどね。
くじ運も良く、これでベスト16。あこがれの日本代表に並びました。(笑)しかし、3年生主体のBチームがここから勝ち上がるのは本当に難しいと思います。
でも、この試練を楽しもう。次も今日のような果敢なサッカーをしよう。
そのためのアドバイス。…とはいえもちろん新しく出来ることは突然増えない、から、「出来ること」を三つだけ。クロスにあわせる確実な決定力がもっと必要、で準備の意識をもっとしっかり。そして何度か目についたいい加減なディフェンス(特にヘディングの怠り)も改める。あとは勇気とボールを繋ぐためにもっと声を出す、ピッチでお話をする。いいかい、いずれも君たちに「出来る」こと、だよ。
以上、今日はナイスゲームでした。そうね、プレーの選択のバランスが良かったソウタ、(元気な前半の)ユウトの突破とチャンスメーク、そして公式戦初ハットトリックのショウスケには特に◎、ね。
KOBA

<低学年B>
◆RESULT■□
vs向原シャークスA 0-0 △ PK戦 5-4 ○(ショウタ・ハルミ・ユウスケ・カイ・ユウキ)

今日はコーチとの約束4つ『相手より先に触る事』『動いてボールに触る(蹴る)』『シュートをする』『スローイングをちゃんとする』をテーマに挑みました。相手のAチームの子達に負けてなかったよ。皆、一生懸命ボールを追いかけ一進一退の攻防を繰り広げ、PK戦に縺れ込みました。熊野先行の1番目はBチームを引っ張るショウタが決めると、今日はセンターバックで大活躍のハルミも決め、2-2。3番目は攻撃的なドリブルが光ったユウスケがループ気味のシュートが決まり、3-3。そして4番目は1年生の中心的存在でありキャプテンマークをつけたカイが決めて4-3とリードすると、相手にもプレッシャーが掛かったのか!?相手の4番目が蹴ったボールはGKショウタの正面に!それを落ち着いて叩き落としついに1点リード!!最後は2年生の意地を見せるべくユウキが日本代表の遠藤張りのコロコロシュートが決まり、お見事『初戦突破』です!v(^_^)vヤッタネ!
1年生主体のBチームですが、サッカーを始めて間もない2年生が正にお兄ちゃんぶりを発揮した試合でした。ハラハラドキドキのPK戦まで縺れ込み、まさかのA食いを演じてくれました。コーチの約束も1個以外できたね・・・(^_^;)出来なかったのは『スローイング』落ち着いて投げれば良いものの慌ててなげるからジャンプしたり頭を超えてなかったり・・。せっかくのチャンスがピンチになる場面が何回もあったぞぉ〜。。一生懸命やった失敗はどんどん失敗してOKです。けど同じ失敗を何回もしない事がとても大切です。次の試合ではファールスローをしない様にみんな気をつけようね!NAIコーチもきっとビックリ大喜びだよ(^O^)!来週もみんなでがんばりましょう!(^○^)OGU

2010/07/10(土) 板橋区夏大会:1日目
4年に1度のW杯が終わりを告げようとする中・・。やっと待ちに待った板橋区大会が開幕です!昨日の豪雨でグラウンド状態が心配でしたが他チームのコーチ陣含む関係者の方々が早朝より水たまりの除去のお陰と晴天のお陰で無事に開幕いたしました!本当にありがとうございました!さて、熊野の先陣をきったのは『高学年A』『低学年A』でした。

<低学年A>
◆RESULT■□
vs桜川B 14-0 ○(タイヨウ・ユウゴ・シンペイ×3・シュウノスケ×4・ソウタ×4・タイシ)

初戦の相手は1年生主体のBチームとは言え、ひとまず『初戦突破』おめでとう!素直に喜びましょう(*^^)v。。今日は左サイドのシュウノスケがとっても良かったね!流れの中からの得点はほぼシュウノスケからでした。自らも4得点!右利きのメッシみたいだったぞ(笑)。前半に7点、後半に7点と得点を重ね、終わって見ればハットトリックが3人!得点者が6人!どこからでも得点できる事!誰でもゴール出きるのがこのチームの正に特徴です。自分達に自信を持ちましょう。それから、自分達の今日の目標があった人、なかった人がいたけど、特に目標があった人、目標が出来た人、出来なかった人がいたね。次の試合でも目標を決めてきてね。再チャレンジでも良いし、新しい目標でもいいよ。コーチに教えて下さい。
はっい!今回も同じく・・・。今日の試合の事はもうおしまいです。もう忘れましょう!\(◎o◎)/!次の試合が君達の本当の初戦である事を肝に銘じましょう。次は今日の様にはいかないし、試合前にも皆に言いましたが、相手がどこであれ次の1戦に『全力を尽くす』事が大事です。熊野のテントにも張ってあるでしょ『ベストを尽くせFC熊野』ってね!(^_-)-☆コーチは君達、小熊達の一生懸命が大好きです!次もがんばって2試合やろうね(^o^)丿
あっ!久しぶりにキャプテンマークを着けたソウタくん!『GO!くまの!GO!』忘れちゃったね・・・(^_^;)次の試合は忘れない様に円陣してね・・。
コウタ・ソラト、来週は元気にこれるかな?全員サッカーでがんばりましょう!(^○^)OGU

2010/07/04(日) 7月3日分:低学年フレンドリーマッチ@荒川
雨が心配でしたが、みんなのテルテル坊主のおかげかな?1年生は初めての荒川!本番同様の芝のグランドでいよいよ最終テストをおこないました!

<低学年A>
◆RESULT■□
vsペガサス 4-0 ○(シュウノスケ・ソウタ・タイシ・ソラト)
vsペガサス 5-0 ○(ソウタ・タイシ×2・キョウスケ・シュウノスケ)

これまで11人制で中々試合が出来ていなかったとは言え、みんな中々よく動けたと思います。
今日の大切な事は芝の感覚でした。ドリブル、ボールが止まりやすいと言う事が分かってくれたかな?最後まで走りきる事が重要です。今日の君達の『良かった』ところは、みんながシュートできた事!いろんな人が得点出来た事がまぎれもない証拠です。『出来なかった』ところは、弾んだボールを相手より先に触る事!何回もバウンドしてるの見てるのではなく、少なくともワンバウンドで触る様にしようね。それからドリブル!いつも言っている様にドリブルは最後まで前に進むこと。相手が来ても怯まず「前に前に行く」取られてもいいから前に行くようにしようね。それから時々ポジションを忘れてしまっている人がいたぞ。攻めるのか?守るのか?右か?左か?1つのプレーが終わったところで「俺どこだっけ?」って思い出してみようね!
はっい!今日の練習試合の事はおしまいです。もう忘れましょう!来週はいよいよ本番です。いつも試合中に言っている様に『0-0』からのスタートです。1戦1戦大事にその試合に集中してがんばろうね。それから皆せっかくの大会ですから1試合づつ自分の目標を持つ様にしよう!「今日は1点きめる!」とか「絶対抜かれない!」とか「1点も取られないで守る!」とか「ワンバウンドで触る!」何でもいいからその試合の目標を持って挑みましょう!大会がんばろうね!
さあ〜行こう『GO!くまの!GO!』
(^○^)OGU

<低学年B>
◆RESULT■□
vsペガサス 2-1 ○(カイ・ショウタ)
vsペガサス 2-0 ○(ソウタ・ショウタ)

ペガサスさんと大会前の最後のフレンドリーマッチを荒川で行いました。
今日の2試合を通して見ても、みんなだいぶゲーム慣れしてきた様子で頼もしく思えてきました。
(^−^)
まず試合前にいつものお約束事を再確認。みんな口に出せるようになってきたね。
お約束1 ボールは目で追うのではなく、蹴るもの追いかけるもの
お約束2 シュートを打つこと(意識を持つこと)
お約束3 スローインでは落ち着くこと(ファウルスローに注意)
とにかく夏大会では、このお約束を忘れないで思いっきり試合を楽しんでほしいです。
さて今日の試合で一番良かったのは、ペガサスの攻撃(ドリブル突破)でピンチになった時に、
全員で自陣に戻ることができたこと。
これはコーチが教えていなくても、自分たちで考え行動したこと。みんなが同じ考えで試合をしていた証拠だね。素晴らしい成長です。特に最終ラインまで戻りボールカットしていた、ショウタ、ハルミ、カイ、アキトにはThank you!!
また2試合目のソウタのゴールは、試合前に約束した通りゴールを決めてくれたね。コーチとしてはゴールを決めたことよりも、僕が決める!という気持ちを持ってくれたことが嬉しかったです。

保護者の皆さま、暑い中ご苦労様でした。
夏の大会では暑さ対策としてハーフタイムとは別に水分を補給する時間を設けています。
水分補給は、熱中症を防ぐためにも大事なことです。
何人か水分が足りない(水筒がカラっぽ)子供もいましたので、これからは水分の量も少し多めにご準備ください。では夏の大会に向け、ご声援のほどよろしくお願い致します。
NAI

2010/07/03(土) Uー11リーグ戦
先週に続き河川敷グランドでU−11リーグが行われました。
先週の悪かった点を修正出来たのだろうか?

vsペガサス 2−2 ヨウタ×2
来週から始まる夏の大会を踏まえて今日はポジションを変え挑んでみました。試合開始から幾度となくチャンスはあるものの思い切りが悪く得点を奪えない!しかしその均衡をヨウタのドリブル突破から先制点を奪い終了間際にもヨウタが追加点を奪い前半は2−0とまずまずの出来でした。しかし後半蒸し暑さの為か動きが悪くなり、クリアーのミスから相手にゴールを割られ1点差。
そこで踏ん張りたい所だけれど追い上げたチームの勢いに呑まれ終了3分前に同点に追い付かれてしまった。
その後反撃をするけれど残念ながら2−2のドロー・・・・。
惜しい試合を引き分けてしまった。
ハーフタイムでも言ったけどもっと中盤で積極的なプレスやハイボールを競る事が出来たら守りも楽に出来たと思います。後はもっと声を掛けよう!同じ競るにしても自分が行く事をアピールしなければ味方同士が被ったりしてもったいないです。
行くなら行く!任せるなら任せる!そこの所をはっきりさせましょう。   Y.A


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.