★FC熊野コーチ日誌★
ここはFC熊野コーチ群が、練習・試合の様子を皆様にレポート報告する場所です。
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年12月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2017/12/02 U10ジュニアカップ予選
2017/05/24 5/21バイシクルリーグ開幕
2017/05/05 5/5 板橋フットサル4年生大会
2017/04/23 バーモント6ブロック予選&フレンドリー鹿浜
2017/04/22 6ブロックハトマーク4年大会予選

直接移動: 201712 5 4 3 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 1 月  201511 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 月 

2011/12/25(日) 低学年フレンドリー@滝野川第一小
2011年最後のフレンドリーを滝野川第一SCさんと行いました。お誘い頂きました滝一SCさん有難う御座いました。

<Aチーム>
◆RESULT■□
<8人制/15分>
@vs 滝一SC 1-1 △(タイセイ) 
Avs 滝一SC 1-2 ×(タイセイ) 
Bvs 滝一SC 3-0 ○(カズキx2、タイセイ) 
Cvs 滝一SC 1-0 ○(コウヨウ)

本日は今年最後のフレンドリーということもあり良い形で終わろうという気持ちの表れなのか、それともクリスマスだからか?みんな気持ちが高ぶっていたように思えました。何れにせよ納得のいく形で2011年を締めくくりたいと思います!

まず自分の得意とするプレーを見てくれと言わんばかりにアピールしていた選手。フリーキックは任せろとタイセイがゴール前約12mの位置からスピードのある正確なキックを見せてくれました。次に1対1の強さに磨きがかかったリキ。体の入れ方とバランスそして何よりも意地でもボールを奪うという熱い思いがプレーから伝わってきました。サッカーで大事なのは、ボールを奪い点を取るという気持ちです。最後にコウヨウ、一昨日のフレンドリーで見せてくれた切れの良いプレーを本日も見せてくれました。フォワードのポジションでは結果が大事です。そういう意味でも最後にはしっかりと結果を出すことができました。

これ以外にも頑張っている選手はたくさんいました。今結果が出なくても地道な努力・練習をしている選手はいつか必ず結果が出るということを信じて頑張ってください。そして年明けに元気いっぱいな姿で会えるのを楽しみにしています。

保護者の皆様、1年間ご支援とご協力を有難う御座いました。来年も引き続き子供たちが楽しくサッカーができるように取り組んで参ります。本当に1年間有難う御座いました。良いお年をお迎えください。
NAI

2011/12/23(金) 2年フレンドリー@豊成小
ジュニアカップも終了し来月(1月)に行われる冬の大会に向けて、本日は第一SSCさんとフレンドリーを行いました。この時期の寒さは厳しいですが、荒川の寒さはこんなもんじゃないからね。
最近学校では風邪がはやっているため、今日はちょっと少ない9名で、8人制を行いました。

<2年>
◆RESULT■□
<8人制/13分1本>
@vs 第一SSC 1-2 ×(アキト) 
Avs 第一SSC 0-0 △ 
Bvs 第一SSC 1-1 △(コウヨウ) 
Cvs 第一SSC 1-0 ○(リョウマ)
Dvs 第一SSC 1-3 ×(コウヨウ)
Evs 第一SSC 1-1 △(コウヨウ)

まずはじめに厳しめのコメントとして、今日は基本的な約束事ができていませんでした。
1.ファウルスロー;この時期になってもファウルスローをしているのはなぜでしょう?1年生に逆戻りかな?
2.ゴールキック;自分たちのボールなのに、なぜ相手にボールを渡してしまうのでしょう?まわりの選手の声掛けにも問題あり?
3.靴ひも;もうそろそろ自分で試合前に準備できるようになりましょう。試合中ひもを結んでいる間に失点もありました。。。

次に試合の内容です。3試合目ぐらいで徐々に体が温まってきたせいか時折良い形も出てきました。ひとつは、ボールを取りにいくタイミングとして相手が触る前に背後から体を入れてのボールタッチ。次にシュートの意識です。後方に位置しているリョウマ、ヒロユキがこぼれ球を狙ったミドルシュートです。このようなシーンは他の試合でも見るケースが増えてきました。シュートを打てるということはしっかりと準備ができている証拠だね。前線の選手も、相手のゴールキックや自分たちのコーナーキックの時に、準備できればもう少し点が取れていたと思います。

その中でも今日のベストプレーヤーとして、ボールタッチ、ドリブル、トラップしてからの次のアクションへの入り方、そしてフィニッシュのシュートとすべてに対してプレーの切れが良かったコウヨウ!この結果は練習の成果かな?大事なのは今日の結果を次につなげることです。2日後のフレンドリーでも結果を出せるように、自信を持ってプレーしてください。そうすれば、どこかでサンタさんが君のプレーをきっと見ているからね。(*^_^*)
NAI

2011/12/19(月) 東京リーグ第5-7節
◆RESULT■□ 11人制20分half
12/10
-----
第五節:vs 二砂スカイ 3-0 ○ ミサキ、ナギサ、アヤト
第六節:vs 北烏山 4-0 ○ ミサキ、ナギサ、ヨウタ、アヤト
-----
12/17
-----
第七節:vs 日本橋ソレイユ 4-1 ○ ユウキ、ミサキ、ナギサ、リョウ
※FM-15分half:3-1 ○ シュウト、ヨウタ、アヤト
-----
中盤三節、いずれも初対戦のチームに三連勝。少しずつ、ピッチ全方位、11人全員からゴールへ、そのためのスペースへ、の意識が定着してきている?かも?なの?か?な?(笑)ゴールに蹴り込むシュート技術そのものが、もう少しあれば、ね。
柏戦でネイマールが打った場所、と、シュートはゴールへのパスであるというジーコの言葉を頭に入れて、自主練から…蹴るべし。打つべし。

蹴る、べし。

KOBA

2011/12/18(日) ジュニアカップU-8(順位戦)
本日は雨で延期となっていたU-8ジュニアカップの順位戦(2日目)が高島平で行われました。
天候はとても良かったのですが冷え込みが厳しかったことで、グランドコンディションはかなり悪く、途中で砂を入れるなど雨上がりのようなグランドコンディションでした。

◆RESULT■□
vs ペガサス 4-1 ○(カイ、OG、タイセイx2) 
vs ときわ台 0-0 △   

3位パート1試合目ペガサス戦、4-1で勝利!
夏の大会や大会前のフレンドリーで何度か対戦している相手でした。力の差はほぼ互角、あとは勝つという気持ちが相手より上回るかで結果は決まってくるでしょう。初戦の難しさと、先制点の大切さをみんなが一番分かっていたのか、キックオフと同時に飛ばしていきました。ここのところ得点が少ない試合が続いていましたが、この試合はスピードとシュート意識は相手より勝っていました。またドリブルを止められた後のこぼれ球を背後の選手が拾い、またドリブルという流れが作れた理想的な試合内容でした。前線のポジションにいたタイセイ、カイは得意としているドリブルを何度もチャレンジしていました。

2試合目のときわ台戦。勝てば無条件で3位グループ決定戦のキップを手にすることができる。。。この試合は一進一退の緊迫した試合でした。熊野の攻める時間帯も何度もありましたが、相手の厚いディフェンスに何度も跳ね返されフィニッシュまでは持ち込めませんでした。逆にカウンターで攻め込まれるケースもありましたが、ツーバックのヒロユキ、リョウマが体を張り、またショウマのすばらしいセービングで何度も助けられました。結果、0-0の引き分け。この試合の後に行われた、ときわ台vsペガサスの試合の結果、、、得失点差1で決勝戦に進むことができませんでした。

このジュニアカップの教訓としては、当然のように、勝つためには点を取る、点を取らなければ勝つことはできないこと。今大会通してはっきりした課題は、得点力を上げること。ときわ台戦でも1点先制できれば、、、予選リーグ成増戦でも1点取っていればという試合が今大会何度もありました。

ジュニアカップ2011、1勝3分け1敗。
試合内容は決して悪くない、力の差を感じた試合もありませんでした。ただ言えることは、点を取って勝たないと上には上がれないということです。次の大会ではこの引き分けをすべて勝ちに変えれるように頑張りましょう。

最後に、優秀選手賞に選ばれたショウマ、キーパーとして機敏な反応や相手の動きを見ての判断はこの賞に値するプレーです。オメデトウ!!

保護者の皆様、寒い中応援ありがとうございました。ジュニアカップ1日目から2ヶ月以上経った後に順位戦が行われましたが、この短期間でも選手1人1人のレベルが上がってきたことが、プレーから感じ取れたと思います。引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。
NAI

2011/12/17(土) キッズ サンタCUP2011
熊野キッズの一大イベントサンタカップが今シーズン一番の冷え込みの中、荒川で開催されました。冷え込みがかなり厳しかったですが、熊野キッズのハートはとってもあつかったです。

キッズとしては初めての大会、しかもユニフォームを着て試合をするのも初めての経験でした。そのキッズたちが、見事、敢闘賞(4位)を取ることができました。オメデトウ!!

予選リーグの3試合。
熊野の入ったBグループには、過去5大会のうち3度優勝している強豪アスカ。このグループで熊野がどのようなサッカーができるのか楽しみでした。1試合目LARGO戦を3-0で勝ち、勢いに乗って挑んだアスカ戦。2度先制されるも試合終了間際に追いつき、勝ちに等しい?引き分け!キッズサッカーとは思えない、試合運びをするアスカに引き分けた熊野キッズの底力には驚きました。この勢いで3試合目の小菅にも勝ち2勝1分け見事1位通過!

午後の決勝トーナメントでは1つでも勝てればとみんな精一杯頑張りましたが結果、4位敢闘賞という結果に終わりました。負けた試合の後は、みんな悔しそうな表情をしていたのがとても印象的で、本当にサッカーが好きで、勝ちたい気持ちが強かったとことが伝わってきました。

大会最後の表彰式では、賞杯・表彰状を手にしてみんな喜んでいたね。最後にはサンタさんも登場し全員にプレゼントを頂き、楽しい楽しいサンタカップを終了しました。

保護者の皆様、本日は寒い中応援ありがとうございました。今大会は初めての経験でしたが、素晴らしい結果を出すことができました。本日の計5試合では、子供たちが精一杯力を発揮し成長している姿を見せてくれました。この先とっても楽しみなキッズに期待していきましょう!
NAI

2011/12/04(日) バイシクルリーグ決勝戦
昨日の雨も上がり今日は風は冷たかったけど日射しのある中バイシクルリーグ最終戦がありました。
今年は12チームを3ブロックに分け各ブロックの1位で優勝を掛けた決勝戦を行い連覇を掛け子供達全員で優勝を目指し2試合を戦いました。

vs桜川 5−2 マサノリ・ジン×2・トモヒロ・ショウスケ

最初の試合は桜川さんとの一戦!このバイシクルは全員で戦うと言う事でまず先発メンバーが試合の主導権を握り交代メンバーに繋ぐと言う作戦!その期待通りにマサ・ジンと早目に得点を奪うが狭いグランドでプレスの緩んだ所ミドルシュートを打たれ失点・・・。攻めの形は良いけれどちょっとしたマークのズレがあるとこの様にシュートを決められた所は反省点!
後半突き放したい所に攻め上がったトモが早い時間に決めてくれて攻撃の勢いが急加速!その直後ジン&ショウスケがダメ押しゴールを奪い初戦2失点はあったが5−2で勝利!

vsリトル 6−2 (近)ユウキ・マサノリ×2・ジン・カンタ×2

この試合は1試合目に早い交代をしたり出られなかったメンバーで先発!多少守備に不安はありましたが・・・・やはり連携が悪く早い時間にもったいない失点を奪われる。しかしその失点から数分後左サイドを突破してユウキが同点ゴール!その後は互角に戦っていましたが終了間際に痛い失点。
後半は1点ビハインドなので攻撃的布陣で・・・(笑)
後半開始2分にマサノリが同点ゴールを奪うと一気に熊野ペースに!その後はマサノリ・ジン・カンタと後半5点を奪い6−2と逆転勝利でバイシクルリーグ優勝を勝ち取りました。(*^^)v 
春から始まったバイシクルリーグ、長い戦いでしたが取り合えず全員が出場し優勝出来た事は本当に良かったですね。
しかしまだ主力組に頼ってしまう所があるのでそれを脅かすメンバーが一人でも多く出てくる様頑張りましょう!

表彰式後、試合に余り出られなかったメンバー同士で九曜さんとフレンソリーマッチを行いました。

vs九曜 4−0 フウ・ユウシ・カイト・モモカ


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.