★FC熊野コーチ日誌★
ここはFC熊野コーチ群が、練習・試合の様子を皆様にレポート報告する場所です。
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年9月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新の絵日記ダイジェスト
2018/02/26 板橋U11ジュニアカップ(5年大会)
2018/02/25 板橋U8ジュニアカップ(2年大会)
2017/12/02 U10ジュニアカップ予選
2017/05/24 5/21バイシクルリーグ開幕
2017/05/05 5/5 板橋フットサル4年生大会

直接移動: 20182 月  201712 5 4 3 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 1 月  201511 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 月 

2011/09/25(日) JA東京カップ5年6ブロック大会トーナメント
諸事情で25日午後に延期されたJA東京カップ6ブロック大会。 春の悔しさもあり、また対戦相手は板橋区が続く絶対に負けられない戦いです。

vsフナトアミーゴ 2−2(PK戦3−4)●

時間前にバタバタするも、気合を入れて試合開始、しかし開始早々から攻撃の主導権を握るも相手は守りの人数を多くしての分厚い守りで決定的な場面を作らせてもらえず苦戦。選手は必死に走りボールを追いかけるも少し焦りもあり、肝心なところでボールを奪われています。早い交代でリズムを変えようとするもゴールを割れず。相手はトップの選手への縦パスからの抜け出しでの攻撃、その攻撃から一瞬のミスをつかれ先制はアミーゴ、その後FKのチャンスでリョウが見事なゴールを決め同点で前半終了。 相手は守りに人数を置いているため、熊野も2バックで真ん中の人数を増やしてみましたが、サイドから抜け出すシーンはあるも最後のシュートまでのスピード・判断より相手の寄せが早く決定的なシュートが打てません。そして同じように逆襲からの突破で失点、その後ミドルからのジオンのシュートで同点、熊野ペースで攻めている割には攻めきれず、途中相手のゴール前でのチャンスはGKトモが再三にわたり好セーブ、そのまま時間が過ぎ去り同点でタイムアップ。 PK戦は運、残念ながら2本外し3−4で敗戦。 本当に悔しい敗戦です。コーチも選手も多分多くの人が絶対負けないという思いを持っていたにもかかわらず、結果は春同様に早々と終わってしまいました。 しかしPK戦で負けたことは事実で、本当によく走っていたのもわかるし、必死になっていたのもわかるけど、流れの中で決着をつけられなかったことは、まだまだ力が足りなかったと言うことです。

コーチも帰ってから何が悪かったのか、今後どうすべきかを考えました。 5年生、特に控えの選手にはもっと奮起して欲しいし、練習だけでなく日ごろから少しでもボールを触る機会を見つけて欲しい、試合に出た選手も含めもっと自分の良い部分を出して欲しいな。 これからはまたもう一度全員で頑張っていきます。 全員が目標をもって、そこに向かってこれからは臨みましょう。 試合が終わった後のコーチの話を聞くみんなの顔、真剣なまなざし、今までに来たことないほど輝いていたぞ。この気持ちを忘れなければ大丈夫。

応援にきていただいた保護者の皆様、結果は残念でしたが、これからも暖かい応援宜しくお願いします  A.H

2011/09/19(月) JA東京カップ5年6Bロック大会2日目
JA東京カップ6ブロック5年生大会の2日目、今日も天気が良く絶好のコンディションです。1日目初戦はなんとか勝ちましたが、今日の2試合は絶対に落とせない、それもチーム力をあげていきながら全員で戦う姿勢になって行くことが課題です

vsプレイファン 8−0 ○ カンタ×2、アヤト、ショウ、マサノリ、リョウ×2、ヒロム
  得点の形は作れるものの、初日の試合同様ゴール前でのシュートの精度、自分でゴールを奪おうとする気持ちが足りません。  焦ってボールをけるのでなく、基本はボールをきちんと最後まで見ること、そしてゴールに足を踏み出す。 ゴール前では自分で決めるという気持ちをもってほしい試合でしたね。 
vs袋ノーバ 7−2 ○ ショウ×3、マサノリ×2、リョウ、レイ
  前半は相手の真ん中の選手に1対1で苦戦、リズムも悪く先制点を奪われる展開。 攻撃は多くのチャンスを生むもなかなかゴール枠に入らずとここ最近続く嫌な展開。  しかし不調でもエースのショウ、粘ってゴール前で足に当て同点。(どんな形でもゴールに向かえば得点が生まれます)  後半は息を吹き返したのかショウ、マサノリとサイドから攻め上がり連続得点、でも簡単なシュートも外していましたが・・・ しかし失点はセンターバックがサイドにおびき出された際の中盤のフォローの遅れ。 ここは修正していく必要ありです。

それでも後半6点取り予選リーグ3勝で1位突破。 3試合で全員出場できたけど、試合出場の少なかったベンチの選手はもっと試合に集中しないと。 そして全員で春の大会の悔しさを忘れず、トーナメントでも1試合1試合集中していかないと、勝ちあがれません。
  初戦は諸事情で25日になったけど、それまでボールを触ることを忘れずに、特に先発で試合に出ていない選手はコーチとの約束頑ろう
2日間にわたり応援していただいた保護者の皆様、審判含めて対応したコーチの皆様ありがとうございました。一つでも上を目指し全員で頑張ります 引続き応援宜しくお願いします  A.H

  

2011/09/17(土) JA東京カップ5年6ブロック大会&フレンドリー
前日雨に見舞われた荒川グランドも、風は強いものの今日のコンディションは良く5年生にとって大切な戦い、東京都5年生大会の6ブロック予選が開始です。春のブロック大会では、自分達の力を出し切れず途中敗退、その悔しさを忘れていないかな? 試合は8人制なので全員は出場できませんが、ベンチの選手も常に試合に出た際のイメージを持ってもらいたいですね。

◎ vs王一FC 2−1 ○ ショウ、リョウ
 最初にこのブロック最大の難敵との対戦。熊野は出足からサイドを中心に攻撃、良い形はできているのに最後のシュートがGKめがけてのシュート、バーに当たると打っても得点できず、またコーナーキックもことごとくGKの正面へとなり前半0−0。 風下になった後半も両サイドから攻撃しかけるも、相手GKからのパンとキックが風に乗り、GKがバウンド後目測を誤り失点。 その後も優勢に進めるもシュートが入らず、一体何本シュートしたら入るのと思った後半10分経過した時、きれいでなくきちんとゴールにけったショウのシュートで同点、その後コーナーキックをフリーでリョウがヘッドで逆転。 そのまま2−1で勝利しました。  今日はコーナーキック、ロングパス含め風を考えていたかな?常に状況を感じれるようになろう。 そして最後のシュート、得点はきれいでなくどんな形でも良いから、ゴールに入れることが必要。 その為にはグラウンダーでインサイドキックができれば今日はもっと点が入っていたね。 そてとベンチの選手、もっと試合に集中しようね。リョウの守りが相手のチャンスをよく止めてくれて、京の優秀選手ですね、そしてサイドバックから良い攻め上がりもできたマサノリが敢闘賞。
 先ずは逆転で1勝、19日も勝ち1位でトーナメントに進出しょう。

<フレンドリー>
 午後は新座スカイファイターズさんに招待され、北浦和SSCさんと3チームで遠征。 今度は11人制、しかもサイドが狭くグランド状態はよくない中、どこまで午前の試合に出ていない選手が気持ちをだせるかが課題ですね
◎vs新座スカイ 0−3、1−0(20分1本)アヤト
◎vs北浦和SSC  1−4、2−1(20分1本)アヤト、リョウ、OG

 自分達の持ち味は出せたかな? 相手の強い当たり、早い寄りは他の地区に行って強い相手なら当たり前。 まずは意識を強く持たないと最初から勝てません。 今日は気持ちで負けていましたね。1対1では身体を使う事、早く判断してパスを出すことはここ最近練習でやっていること、今日のような相手は絶好の対戦相手だったよ。試合に一番集中し、一番勝ちたいと思っていたのはさすがキャプテン、アヤトだったよ。 皆が同じ気持ちを持って欲しいな。 2試合目は気持ちを切り替えられたのかよくはなってきたけど、今日1日はとても勉強になった1日ですね。
そして今日、複数のコーチに何回も言われたこと、5年生はコーチが話をしているとき下を向いたり、別のことしたり・・・ そこから変えて行きましょうと・・・ 
 試合に出る出ないで無く、その時に集中して行く事だよ。
自分で変えるしかないよ。 今日はとてもよい機会を貰ったと思います。
 保護者の皆様、今日は1日遠いところまでありがとうございました    A.H

2011/09/04(日) U-12リーグ第5節&フレンドリーマッチ
◆RESULT■□ 11人制20分half
-----
第五節:vs ブルーイーグルス 2-0 アキト、ショウ
-----
ボールを繋げよう、としていた形ばかりのゲーム運びだった前日と比べると、一人一人の球際の意識が高まり、「気持ち」が繋がっていたことで、声や三人目以降の選手の動きが改善されたとおもいます。よ。後はフィニッシュ。その手前のアイディアが足りなくて、イザ、のエリアで手数が多い。もう一息。

-----
フレンドリーマッチ: vs フナトアミーゴ 0-1
-----
チームの総合力としては実力通りかな。前半組は攻撃するつもり=ガムシャラさがなく、後半組は工夫=緩急とスペースを使って相手の嫌がるサッカーをするつもりがなかった様子。


ライバル達の色々な素晴らしい変化、成長に気づけ、トップチーム。

そして、君は変態してるか?
一体何ができるようになった?
その為に何を準備している?

オートマッチクじゃないんだ、自分でギアをあげない選手は置いていくぞ。これは今回の五年生の追加招集選手も含めてだよ。

KOBA

2011/09/03(土) フレンドリーマッチ@高島平サッカー場
◆RESULT■□ 11人制20分half
すべてペガサスFC
----
@3-0 ミサキ×2
A1-0 アキト
B2-0 アヤト、ショウ
----

ペガサスさん、有り難いお招きありがとうございました。

イメージ先行、中身は??仏造って魂入れずじゃぁね。オフザプレーの動きと声がけの物足りなさにある意味びっくり。
過去の成功体験を唯なぞる、なぞろうとしちゃ、窮屈なサッカーになるよ?主力組の諸君。
収穫はタクマの厳しさ溢れるプレー、フミヤの声、枠をとらえはじめたアキトのシュート。以上です。

KOBA


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.