★FC熊野コーチ日誌★
ここはFC熊野コーチ群が、練習・試合の様子を皆様にレポート報告する場所です。
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2013年12月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2017/12/02 U10ジュニアカップ予選
2017/05/24 5/21バイシクルリーグ開幕
2017/05/05 5/5 板橋フットサル4年生大会
2017/04/23 バーモント6ブロック予選&フレンドリー鹿浜
2017/04/22 6ブロックハトマーク4年大会予選

直接移動: 201712 5 4 3 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 1 月  201511 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 月 

2013/12/14(土) バイシクル最終戦@荒川
バイシクルリーグのグループ最終戦が荒川河川敷のグランドで行われました。
先週負けてしまったのでグループ1位にはなれませんでしたが、最終戦なので最後は勝って終わりたいと望んだ一戦でした。

バイシクル

vs向原シャークス 4−0(2−0・2−0)レン・ヒョウガ・カイ・リキ

フレンドリー(15分×3本)

1−0  リキ
4−0  キシン・ヒョウガ×2・アキト
1−0  ネオ

先週から少しフォーメーションを変えて挑んだ試合!今まで1トップを置いていましたが中盤を厚くする為トップを置かずその分両サイドを開いて置きサイドから攻撃する形が今回はズバリ当たりました。中盤でボールを奪いサイドの空いているスペースにパスを出し何回も良い攻撃の形が出来ました。
途中攻め上がり過ぎてカウンターを受け危ない場面もありましたが、今回ソウタ・キシン・リキの3人が良く守ってくれて無失点!
試合も前半・後半通して良い時間に得点を奪え始終熊野ペースでボールを支配出来快勝でした。
しかしゴール前での判断が悪く余裕があるのに慌ててシュートを打ってしまったり、打てるのにドリブルしたりともう少し冷静な判断が出来る様になると良いでしょう!
また練習試合でもネオのスピードを生かし決めたゴールやキョウヘイのボールを奪ってからの攻め上がりなど良い部分があったので自信をもって試合の中で出して行きましょう。  Y・A

2013/12/08(日) バイシクルリーグ&フレンドリー@北豊島
本日北豊島高校で4年生はバイシクル&フレンドリー戦を行いました。
バイシクルは前回大敗した九曜戦!今回はリーグ戦1位になる望みを掛けた大一番の試合でしたが結果は・・・・。

フレンドリーマッチ
vs仲町 5−1 ソウタ×3 ハル カイ
vs九曜 1−2 リキ

バイシクル
vs九曜 1−2 ヒョウガ

前回のバイシクルでシャークスが九曜を破ったので勝てば自力で1位突破の可能性を生かしたかった試合でした。
前半はお互いなかなか決定機を作れず一進一退の攻防が続くも徐々に押し込まれ苦しい展開・・・・。
しかし何とかゴールを死守し前半0−0で終わりたい所でしたが終了間際にゴール前でクリアーしたボールが相手に当たり不運な失点・・・。
しかし点差は1点! 後半に望みを掛けて挑みましたが早い時間に相手の放ったミドルシュートが決まり2−0。
前回はここからズルズルと失点してしまったが、今回は気持ちも切れず反撃開始!
そして遂にヒョウガのゴールで1点返しその勢いでチャンスを作るが反撃及ばず1−2でタイムアップ・・・・・。
2失点は崩され失点した訳では無いので本当に悔しい敗戦でした。
この試合は守備の意識も高くナイスゲームでしたが、やはり球際の強さと言う点は相手のが上でした。
この結果グループ1位の望みは絶たれましたがまだ残り1試合あるし、来年の冬の大会もあるのでこの経験を活かし頑張りましょう!
Y・A

2013/12/02(月) U-9ジュニカップ順位
天候不良で延期になっていたU-9ジュニアカップ。今大会は、板橋区サッカー連盟に登録している全28チームが初めて全チーム参加した大会とのことでした。

◆順位リーグ1位パート

<8人制/8-2-8>

 @ VS 桜川A
  3ー1 ○ しょうた、だいち、こうた

 A VS 中台
  2ー1 ○ れん2点

 B VS 北前野
  1ー0 ○ はると(前)

◆決勝戦

<8人制/10-3-10>

  VS 高島平A
  1ー4 ● はると(前)

◎結果:堂々の準優勝でした。オメデトウ!!
◎MVP:関 紀信

順位リーグ3試合は本当に頑張ったね。中でも大一番は、北前野戦かな。手に汗握る好試合でした。
相手は2年連続優勝している王者、その相手に勝った時は、みんなガッツポーズで喜んでいたね。この試合で我慢することの大切さが分かったと思います。

決勝戦。
カチカチだった子供たち。仕方ないね、まだ(経験が浅い)3年生。

敗因は、大きく2つあったかな。

1つ目
相手はしっかりした形を作ったサッカーをしていたしパスを回せていた。全員がボールを正確に蹴れていた。
逆に熊野は、しっかりとボールをコントロールできる子は、3(か4)名ぐらいだね。これでは、まだパスサッカーはできない。ミートしないチップキップが目立った。

2つ目は、メンタル
プレッシャーを跳ね返すことができなかった。途中から気持ちで負けてしまった。試合の途中で精彩を欠いてしまったら、勝てるものも勝てない。

この2点。

その時の思いだけでサッカーをやってはだめ。
早い時間で2点を取られ悔しいという思いがあるかもしれないけど、ピッチに立っている他の7名、ベンチで声を出している仲間のことを忘れてはだめ。

そして、冷静でない仲間がいたら周りの仲間が声を掛け、落ち着かせることも大事。サッカーは2、3点取られても、あるきっかけでペースを掴み逆転することがよくある。だから冷静に、顔を上げてプレーしないとだめ。

優勝チームと準優勝チームの大きな差は、ここだったね。

でもまだ3年生。この点も含めてチーム作りしないといけないと感じさせられました。

今度の練習の時に、仲間と冷静になって話しあう機会(時間)を作ろうと考えています。だれだれが、あの時、あの試合で、マークが外れていたとか 足が止まっていたとか、なんであの時気持ちが切れたのかとか、仲間同士で気づかせたほうが、コーチに言われるより効果はあるよね。

仲間から言われれば、今度は同じ失敗はしないんじゃないかな。
もちろん出来なかったことだけじゃなくて良かったことを言うのも忘れずにね。

もう3年生も終わりに近づいており、中学年トップに向けた準備を始める時期かな。(1月の冬大会はさておき)5ヶ月後には、もう6B大会(ハト)が控えている、フットサルもある。

次は恐らくメンバーが変わると思います。ベンチ組と、先発組の差なんてたいしてないということを忘れないように。そしてそれは、大会直前ではなくそこに至るまでの練習(期間)で決まるからね。

役員さん、保護者の皆様
本日は引率・運搬などでご協力いただきありがとうございました。今回は日々の練習の成果を発揮できたジュニアカップ “準優勝” だったと思います。まだまだ出来ないことが多いですが、これからもみんなで精一杯練習し、次こそは優勝できるように頑張りたいと思います。
引き続きご支援のほど、よろしくお願いいたします。
#71


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.