★FC熊野コーチ日誌★
ここはFC熊野コーチ群が、練習・試合の様子を皆様にレポート報告する場所です。
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2015年10月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2018/02/26 板橋U11ジュニアカップ(5年大会)
2018/02/25 板橋U8ジュニアカップ(2年大会)
2017/12/02 U10ジュニアカップ予選
2017/05/24 5/21バイシクルリーグ開幕
2017/05/05 5/5 板橋フットサル4年生大会

直接移動: 20182 月  201712 5 4 3 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 1 月  201511 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 月 

2015/10/25(日) 板橋U8ジュニアカップ順位戦
板橋U8(2年生)ジュニアカップに2チームに別けて参加しました。
予選結果でAが3位パート、Bが4位パートでの戦いです。メダルを目指して戦いました。
【U-8ジュニアカップ順位戦】
Bチーム(4位パート)
vs ゴールデン 3-2 ○ ヨリ×2、シュウト
vs 東京ストライカーズ 2-0 ○ ヨリ×2
4位パート決勝戦
vs 志村東 0-4 ●

 Bチームはあきらめないで最後まで走ること、1点でも多く得点とることを目標に臨み、所詮はゴールデンの足技に果敢に挑み、空いたスペースをうまく使ったヨリ、シュートの得点で勝利、ストライカーズ戦もヤス、ガクが中盤で相手を止め、最後にヨリが決めての勝利と、予選とは違い得点を重ねられました。
しかし、決勝は4位パートにしてはキック力、戦術とも1ランク上の相手で、果敢に挑みましたが、力負け、それでもシュート、ヨリが何度もゴール前に攻めましたが、無得点で敗戦。残念ながら4位パート2位でした。
 動くことは練習の成果でできてきましたが、まだまだ目の前のボールしか見えていません。これからは蹴る技術と一緒に、動きながら蹴れる、強く蹴れるように練習していきましょう。
今大会の優秀選手は、守りで奮闘したヤスヒロにあげました。でもGKで頑張ったマサトや、中盤のガクなど成長した姿も見れました。練習は裏切らない、頑張りましょう。 A.H

Aチーム
3位パート予選
vs 成増 1-2 (イ)マサト
vs リトル 2-0 (イ)マサトx2
vs 高島平B 1-0 (イ)マサト

初戦はボールを見てしまったり、足が止まった時にやられる典型的なパターンで敗戦。2戦目は少し動きが改善されて勝利。特に右サイドに運んで中央スペースへ出したパスを決めたゴールは良い形でした。こういう連動した攻撃ができると得点力も上がってくる。3戦目は守備面では体格の良い相手選手の対応に奮闘するが、攻撃面では全体的に動きが足りないので決定機を作れない。終了間際、マサトがPA外から浮き球を見事なシュートを決めて勝利。2勝1敗、得失点差で決定戦へ進出。

3位パート優勝決定戦
vs 桜川 0-1
お互い決定機を作れない中、ゴールキックをPA付近で奪われ失点し、そのまま終了。残念ながら今年もメダルまであと一歩という結果でした。

全般的な話をすると、8人制の試合ではもっと動くことが必要。試合前に全員攻撃、全員守備というテーマを確認しましたが、DFは守備だけではなく、もっと積極的に攻撃を仕掛けたり、得点を狙って欲しい。逆に攻撃陣は戻って守備もしなければいけない。そのためには全員の運動量が欠かせない。また、ポジショニングについても居るべき場所にいないとどうなるか気付いた選手もいるはず。実戦で得た経験を今後に活かしていきましょう。
尚、優秀選手には今大会最も走り、順位戦で全得点をあげた(イ)マサトが選ばれました。おめでとう!

保護者の皆様、早朝からのご支援と熱いご声援ありがとうございました。今回は2チームで参加し、両チームとも決定戦まで進めたので全員が多くの出場機会を得て、試合を通じて様々な経験を積むことが出来ました。成長途上の子供達ですので、引き続き温かく見守って頂けると幸いです。  UE

2015/10/24(土) 6B決勝T
決勝T 1回戦
FC熊野 0-1 リオ

今期何度か対戦したことがあったが引き分け、負けと、なかなか勝ちきれない相手のため、本日も難しい展開になると予想していました。序盤は熊野がシュートまで持ち込んでいましたが、時間が経過するとともにDF背後に蹴り込まれる展開に苦戦。後半ポジションチェンジでリズムを作ろうと試みますが、なかなかボールが収まらず、繋がらない状況が続き、徹底してDF裏を狙われ苦しみ、運動量が落ち始めた後半、放り込まれた1本のパスにDFが追うも間に合わずゴールを割られてしまいました。プレスの速さと1対1の強さで相手を勝ることが出来なかった。このレベルでは到底満足できない状況をしっかり捉え練習に励みます。
このチームはまだまだ出来るはず、可能性を信じて後半戦に挑みます!

2015/10/12(月) 板橋U8ジュニアカップ予選
前日雨天延期になった板橋U8(2年生)ジュニアカップに2チームに別けて参加しました。
午前がAチーム、午後がBチームとコーチにとっては長い一日になりました。

【U-8ジュニアカップ予選】
Bチーム
vs 高島平B 0-2 ●
vs 徳丸   1-6 ●シュウト
vs ときわ台A 0-4 ●

 全体的に春先から見て、相手へ向かうスピード、体力はかなり向上していましたし、以前なら動かなかった選手も、必死に走る様になってきました。
今回は攻め込む時間もかなり増えてきたし、シュウトの得点は、ヨリとのコンビネーションから抜け出し、GKが前に出るタイミングで上手く決めたもので、良い部分も多くありました
守りも、ガク、ヤス、ハルキ、GKマサトが良く防いでくれていましたが、技術的にはまだ他のチームの選手と比べ不足しているのは明らかです。
そして日ごろから上手になりたいと思って努力をしている選手が少ないのも事実です。今回最初の試合と2試合目の試合までの時間がかなり空いた時の過ごし方も人によって違っています。
今までは、身体を動くようにする事に重点を置いた練習でしたが、これから少しづつ蹴る・止める・走る重点を置いていきます。練習は裏切らない!!んだよ。
 次回は4位リーグ、ここでは全員が今日以上に走り、一つでも多くの得点をできるように全員で頑張りましょう。 A.H


Aチーム
vs アミーゴ 0-2 ●
vs 中台   1-0 ○ マコト
vs レパード 0-5 ●

アミーゴ戦は開始早々のチャンスを決められず、その後は相手ペースの試合展開。全体的に動けずに2失点で敗戦。中台戦は攻め込みながらも得点が取れない展開。ようやくマコトが決めて勝利!レパード戦は気力でディフェンスし、カウンターで何度かチャンスを作るが、自力に勝る相手に力負け。1勝2敗の結果で、順位戦は3位パートに入りました。

テクニック、得点力などの課題は練習してレベルアップすれば良いのだけど、残念だったのは気持ちの準備、集中をせずに何となく試合に入り、自分達が出来ることをやらなかったこと。(特に初戦) ボールや相手を追いかける、寄せる、走りきるというのは自分の気持ち次第で出来るよね。
次戦は10人全員がしっかり動いて、力を出し切ることが目標。チャレンジャーとして積極的にプレーし、笑顔で終われるように頑張りましょう!!
UE


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.