ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2019年8月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2019/08/25 3472 全自動
2019/08/24 3471 お釣り
2019/08/23 3470 目隠し
2019/08/22 3469 万が一
2019/08/21 3468 分岐点

直接移動: 20198 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2019/08/25(日) 3472 全自動
令和元年8月25日(日)。10時24℃。曇り。降水確率90%。湿度70%。最高26℃。曇り後晴れ。冷房なしの書斎でパソコンに向き合っています。

自宅の新築は1997年で22年経過。ここは脱衣場兼洗面所。浴室の壁から全自動洗濯機、黒い手作りの隙間家具、洗面所のシンクと続いている。

新築当時、洗濯機は2槽式。その当時ですら時代遅れで、それがイカレて全自動に替えたのが16年前。隙間家具は空いた隙間用で、2槽式の痕跡だ。

さて、最近風呂場のお湯を揚水するホースがイカレた。そこでメーカーのサービスマン「洗濯機の寿命は6年、良くて10年。16年目ですか!! 」と感心しきりだったとか。在庫ほとんど無くなったと言いつつ、純正の最後の1本を持参した。

原因はホースの穴。新規に交換するかと思いきや、女房が選択したのは穴の補修。「出張費は取られたけど…… 」。新しいホースを買わなかったのは本体の寿命が近く尽きるので、お金をつぎ込むのは無駄。実に主婦らしい感性です。

出張費については事前に説明があったので良しとして世知辛いと思いつつ…… 

そこで乾燥機付きの全自動洗濯機の契約に結びつけば、出張費は大目に見てくれたでしょうが…… 二人暮らしなので耐久消費財の寿命が長いこと。
洗濯機の更新は常に周回遅れです。ホースの黒いテープが補修個所です。

2019/08/24(土) 3471 お釣り
令和元年8月24日(土)。11時26℃。曇り。降水確率40%。湿度69%。風5m/s。晴れ時々雨。最高27℃。気温は落ち着いてきたのか……

さてブラインド。ネットでメーカーの代理店を調べて問い合わせると、すぐ手に入る既製品はなくサイズオーダーで取り寄せになると。値段は聞き漏らしたが手間暇を考えると、かなり高価になるな、と。「万事休したらお願いするかもしれません」

一応お断り。リーズナブルな値段が売りの家具店、あるいはホームセンターで手に入るのではないか、と。漠然とした期待を抱いて車を走らせた。

「まてよ!? ロールカーテンで良いんじゃネ!! 」
店を閉めたときだけに使う目隠し。営業中も下げていて採光調節するわけじゃない。ロールカーテンだと仕組みも簡単だし値段も安いはず……

考えるとブラインドの仕組みは超複雑。上げ下げだけでなく、スラット(=羽)の角度の微調整で光量を調節するなど様々な機構が組み合わさっているし、全体の重さが細い紐にかかってくる。

それに反しロールカーテンは巻き取るシャフトに回転を与えるだけで布地で軽い。

4,000円でお釣りが…… 収納後もスッキリ。残る2カ所のブラインドは採光調整するので適材適所。お釣りは10円でしたがブラインドに比べりゃ…… 

2019/08/23(金) 3470 目隠し
令和元年8月22日(金)。7時50分23.4℃。降水確率70/50。曇り。

所によって10℃ほども最高気温が下がった20日から、気温の上りがどうも鈍った。予想最高28℃。日暮れが早くなり朝が涼しくなったことに変化を感じます。

「日差しの角が取れてきた」。どこぞの男性キャスターが言っていたとおり、ギラギラ肌を刺すような感じが少なくなり、丸みをおびてきたような印象に同意です。

ブラインドがイカレタ。3本の紐で巻き上げるが、先月に1本がイカレタ。
紐は2重構造で、芯になっている細くて強い紐は切れなかったが、それを取り巻く部分がルーズソックスのようにダブダブにまとわりついて機能を果たせなくなった。

そして残りの2本のうち1本が、そんな状態に。そうなると均等にブラインドが巻き上がらないし、ストッパーも効かなくなった。手を離すとズルズルと下がってくる。

「ひとこと」は2010年2月22日から今日で3470回目。会社入り口の引き違い戸につけているが、このブラインドは何回稼動したことか。営業日は3470回より少なく1日に2回の稼動として5000回ほど上げ下げしたろうか……

どのくらいの使用に耐える仕様なのか。他に2カ所同じブラインドをつけているが、幅、長さとも小さく紐の負担は少ない。こっちはまだまだ現役。満10年。
使用頻度、重量で寿命が違ったのでしょうが…… さて自分はどっちだ!?

2019/08/22(木) 3469 万が一
令和元年8月22日(木)。7時50分25.5℃。風3.3m/s。降雨確率10/20。晴れ時々曇り。最高29℃(昨日比−0.5℃)は平年より高い。

昨日は作業着デイ。マンションに行って驚いた。株立ちのツゲの幹が1mほど落下していた。台風10号の置き土産。邪魔にならないように片付けられていた。

強風が吹き荒れていた時だと誰も外に出なかったろうから最悪な事態は起こらなかったかと。仮に風が弱まり天気が回復気味の時間帯に力尽きて落下…… 

万が一の場合も考えられないことはないので、人様に何ら危害を加えていなかったこと(=多分)にホッとしております。今現在、被害の申し出はございません。

数年前、朽ちているということで玄関の屋根より高く枝が張り出していた部分を、ハウスクリーニングの社長に切ってもらった。さらに下へ下へと朽ちてきたようです。かなり木質もスカスカ。日曜に更にカットします。

先日、管理する貸家の庭木の剪定をしてもらった。すると1階の窓下(=丁度胸高)に蜂の巣が。仮に内覧の段階、あるいは入居してすぐあたりに蜂に刺され重症化した、といった場合、誰が責任を負うのか。この場合は管理者!?

マンションの倒木の場合は!? いずれ責任問題が発生するのは明らか。
注意の触覚をフル稼働させて…… もちろん蜂の巣は処理してもらいました。

2019/08/21(水) 3468 分岐点
令和元年8月21日(水)。7時50分23.9℃。風速1.9m/s。降水確率20/10。晴れのち曇り。最高30℃(昨日比+3.6℃)。午前中、通り雨。

昨日の最高気温は26.4℃。沖縄生まれで、数年前に移住した女性がいらっしゃって「ドアを開けると熱気がモワー。沖縄と変わらない」と。海洋性気候だから爽やかなんじゃないというと「同じよ!! 」。

昨日の会話は、突然、涼しくなった気温変化に反応したもので、久しぶりに暑さ対応に気を配らなくても良い開放感にが言わせたもの。昨日が分岐点になって涼しさがどんどん増すとは思っていない。まあ一息というところですか。

夏であっても外で食べるラーメンは熱ラーメン。エアコンがフル稼働でも効き目がない小さなラーメン店でもそうだ。暑い時は熱い物を……

社食では夏気分を味わうために冷やし中華が数回。「冷やし中華 始めました」とのメニューが張り出される、涼しいタイミングだったりする。いわゆる先取り。

そして昨日のようにあえて気温が低めに食するのは、夏の終わりの強調か……

昨日、ガソリンを給油してから帰宅したので、いつもより時間が少し押した。
暑い盛りはギラギラとオレンジ色の太陽が沈まんとする時間でもあったのに。
昨夕は日が沈んで暗くなり始めていた。着実に冬の足音が……

2019/08/20(火) 3467 製氷室
令和元年8月20日(火)。7時50分22.5℃。1時間雨量3.0mm。風5.7m/s。降水確率80/60。後曇り。最高26℃は昨日比−8.9℃。

他の観測地点では予想最高が昨日より−10℃も。今朝の最低気温は20.8℃〜22℃で、平年より2℃ほど高いらしい。平年だと最低気温は10度台で涼やかで寝易くもなっているらしいから、は酷暑の名残りでもあるのか……

昨日の猛暑日まで0.1℃。猛暑日一歩手前からすると全く別天地。朝食後は汗が滲んで肌にまとわりつくTシャツも乾燥して爽やか。久しぶりの爽快感。

ただし8時に市内に洪水警報。雨が降れば降ったで警報レベル。最近の気象は限度を知らないというか、それでも災害レベルにならないのが秋田の良い所です。高温だけでなく温度変化による体調管理にも注意です。

ゴルフ帰りによく夫婦でスーパーに。バナナ売り場で「完熟したバナナをラップで包んで冷凍すると美味しい」の手書きのポップ。製氷室で早速実践です。

シャーベットのようでもありバナナのネトネト感も残り不思議な食感、味でした。

80代まで小学校の同窓会幹事をやっていた親父。例会ではバナナが必須で自分で品定めしていた。口癖が「腐れかけたバナナが一番美味い」。親父だったら黒っぽいヤツで実践したか…… お盆前からのヤツもある。味を確かめないと。

2019/08/19(月) 3466 中毒性
令和元年8月19日(月)。7時50分27.2℃。晴れ。風4.8m/s。降水確率0/0。夕方から雲が増える。予想最高35℃は昨日より3.9℃高い。

盆休み明け、業務始動。朝から依頼していた庭木の剪定の確認で現場へ。
職人さんは盆前に1日、お盆を挟んで2日、炎天の中作業をしていただいた。現場写真を撮りつつよくぞまあ丁寧に、裸ん坊にしてくれた、と。

クリーム色の貸家と思っていたのが、いつの間にか白い貸家にしか見えなくなっていた。それは垣根、及び庭木が野放図に伸びたせいで、クリーム部分の塗装が隠れていたため。やっとクリーム色本来の姿を取り戻してくれた。
そこを歩くご近所さんも「スッキリしたね」と褒めてくれたとか。

そんなこんなで盆休み明けには、この現場確認にはじまり、秋風が立つとかで心機一転できるかと思いきや、今日も早朝に高温注意情報。油断は出来ない。

昨日のラウンド。女房もチラッと言ったが「ゴルフに中毒性があるのかしら」。
そんなものはありはしないと思うが、私も以前はゴルフがやりたくて電話をかけまくりの時期があったのは確か。でもそんな季節はとうに過ぎている。

ラウンドが終わると「今度いつ?? 」と矢のような催促。同じような世代で、これから何ラウンドできるのか強迫観念に囚われてでもいるようです。
猛暑なんのその。こんな歳でこんなに熱い季節がやってくるとは……

2019/08/18(日) 3465 安心感
令和元年8月18日(日)。6時23℃。晴れ。降水確率10%。最高32℃。

お盆休みも最終日。猛暑、墓参り、葬儀、台風、仕事の対応など、様々あって外仕事はおもうようには行かず、その代わりクーラー室での読書だけは捗った。
そんな合間に工作の時間。最適なティーの高さは何センチなのか……

スーパーロングという7.8センチのウッドティーを使っていた時期があり残骸も数本。長いだけ高さ調整は自由だったが、一発毎に折れるのが難点。

一方、今の主力は6センチ。これは高さが微妙。地べたがゆるくて深く差し込むとボールがスイートスポットから外れ、低い弾道しか出ないことになる。

今手持ちがこの2種であれば真ん中をとって7cmが良かろうと、ただ今鉛筆削り器で長さを調整中です。ゴルフ小物に細工するなど初心者の頃以来。初心者並み技量しかなく、机上の空論ばかりですが。

ドライバーの弾道はティーに左右されるが、それはフォームがきちっと出来上がりスイング軌道が一定であることが前提。でも私だと、構えて少し高すぎる、いや低いなどと頭をよぎると、つい体が反応。悪さをしてしまう。

7cmのティーで適切な高さが確信できるのなら安心。構えた瞬間、綺麗な打球の軌跡が目に浮かぶでしょう。高温注意情報。ラウンドに行って来ます。

2019/08/17(土) 3464 見栄え
令和元年8月17日(土)。9時28℃。降水確率40%。最高32℃。曇り。

台風一過の清々しい程の青空とは無縁の曇り空です。県沖を北上、北海道沖で温帯低気圧となったらしいが、昨日は通過に伴う風、雨があったもののそんなに身構えるほどの威力もなく、日常に影響はほぼなかった。

高温注意情報が出されたものの、それは早朝だけのこと。猛暑日になったところにしても早朝がピーク。次第に台風の勢力内に入ると日中の最高気温も26℃前後にまで下がるという、微妙な気温の変化にもてあそばれる一日……

TVで映し出される強い雨、風の画像に比べれば傘で十分凌げるし、傘もお猪口になる心配もない。ただ単に「台風様のお通りだい!! 」という“お印”ほどで拍子抜け。もちろん拍子抜けが一番なのだが。

葬儀も滞りなく。いろいろ我が身に照らし合わせることが多くなってきたが……

やたらにTVのCMが気になる。「お葬式は生きる儀式だよね」と残された息子、娘が語り合う姿や、「あなたお似合いですよ!! 」とご主人の近代仏壇の遺影に語りかける奥さんに、遺影が微笑み返すという少し不気味なヤツ……

子どもがいないので、無縁だったり、勘弁して欲しい絵柄だったりする。
さああどうするのか。頂いた胡蝶蘭は針金に細工して見栄えよくしました。

2019/08/16(金) 3463 盆休み
令和元年8月16日(金)。10時31℃。雨。降水確率90%。湿度73%。風8m/s。曇り後雨。台風10号が石川県沖を北上中……

そんな中でも「県内で35℃以上の気温が予想される」として高温注意情報。台風の接近に伴うフェーン現象の影響からか、にかほ市では早朝から36.5℃。強い雨でも降り始めればそんなものはぶっ飛ぶかと。

お盆に葬儀が重なった。東京の従姉妹達が、以前からお盆休暇に秋田入りする予定だったので、偶然にも立ち会うことが出来た。正式な案内では参列が微妙な感じだが、ご先祖様のお導きというところか。

何をするにも○○の儀、と形式張るのに…… 私の経験上、最後の釘打ちの儀はいつだったか。この世の未練を断ち切るためなのか、意義は色々あろうが。
近しい身内が自分の手で、その役目を果たすことに対する拒絶感は相当強いかと。遺族の娘さん二人が優しく帯をかけてその上に花束を手向けて……

参列する度に、仏事の作法や、今風のアレンジに参考にすべき点が多々あるなと。自分の場合はどうあるべきか、という予行演習のような…… この年代になると顔触れが寂しくなってくるのはどうしようもない。亡くなった叔父さんは90歳。

昨日は超大型と書いたが大型の誤りでした。まだ雨は時々パラパラと。そして時々南東の風。あまり荒れて欲しくない。ごく身内の家族葬でお見送りする。

8月絵日記の続き


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.