ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2010年11月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/23 4354 正反対
2022/01/22 4353 除排雪
2022/01/21 4352 蟻地獄
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2010/11/16(火) 268 B棟解体
週明けの昨朝、会社の前は落ち葉がちらほらあるだけ。もはや落葉も終盤。
葉っぱも少なくなったら少なくなったで何故か寂しい。
箒を持つ手にも力が入らない。
冬が目前だ。

見上げると見慣れぬ大型重機。
先週、担当者が触れて回っていた役者の登場だ。
「振動、騒音が出るのでよろしく」ということだった。

確かに大きい。そしてアームも長い。
平べったい本体から、なん節もあるアームがアンバランスに伸びている。
まるで、足が1本だけ残ったタラバガニのようだ。

とうとうB棟の壁面が壊され、駐車場の床面が露出してきた。
当初配られた工程表からは、遅れ気味??

中央街区でも、解体工事が始まったのを目にした。
かつてのにぎわいを知っているものにとっては寂しい限り。

でもその寂しさは、単にそこに在るものがなくなるという感傷だけではないように思う。
「破壊した先に何が見えてくるのだろうか?? 」という、不安感もない混ぜになっている。

しっかりした絵図が透けて見えれば、何のことはないのだが……


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.