ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2010年11月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2010/11/02(火) 254 菊のお浸し
お隣の畑からは野菜だけでなく、花も届く。
グラジオラス、カスミソウ(のようなもの)、ミヤコワスレなど。

おとといの朝、ビニール袋に入ったキクが玄関に置いてあった。
もちろん観賞用ではなく、花の部分だけ切ってある。

花を食するなんて「もってのほか」などとは言いません。
さっそく食卓の1品にしようと、女房が下ごしらえをしています。

シャリシャリする食感と、色合い、それに上品な苦みが魅力ですね。

子供の頃、家の生垣のウコギの新芽を摘んで、味噌和えにした味を思い出します。

質素、倹約を旨とする武家の生垣には、ウコギを植えるように奨励したという話も聞くが、少しは関連があるのだろうか…… 
などと頭を巡らせています。

キクにしてもウコギの新芽にしても、メインを張れるものではない。

酢の物や、和えものの名わき役として、季節感を伝えてくれる。
ウコギはもちろん春。

キクは、オールシーズンで手に入るが、朝採りは格別。

ほんのりした苦みが、秋を感じさせます。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.