ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2010年11月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券
2022/01/15 4346 爆食い
2022/01/14 4345 出合い
2022/01/13 4344 様子見

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2010/11/27(土) 279 空が広い
毎朝、会社に出勤しては道路を隔てた解体中のビルを見上げる。
今朝の光景が右。
だんだん空が広くなっていく。

私の年齢がひとけた台だったころ、楢山本町の実家に近い祖母の二階家の窓から見た光景を思い出す。

伸び上って北側を眺めると、木の内デパートの上部と塔屋の部分が、遮るものもなく見通せた。

まるで、映画やテレビのワンカット。江戸八百屋町の平坦な屋並みのようだった。
現在の都市計画法の用途地域でいえば、市中心部がすべて第1種低層住居専用地域のようなもの。
木造平屋や2階建が延々と続いていた。

空の広いこと。そして屋並みのなだらかなこと……

時代は下ってビルは次々増え、見上げる空は狭くなり、屋並みも凸凹に。

毎朝、見上げる空は広くなってきている。
そこに何が見えてくるのだろうか??

さまざまな“対の言葉”が頭の中に浮かびます。
楽観的にとらえたいのですが……


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.