ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2010年11月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/18 4349 弱毒化
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券
2022/01/15 4346 爆食い
2022/01/14 4345 出合い

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2010/11/30(火) 282 返しそびれた本
「週刊ホンダCB750FOUR(ナナハン)」を作りながら、つい引き寄せたくなる本がある。

生まれが同年で誕生日が1日違いの、故・堀ひろ子の「オートバイからVサイン」。副題は「ひろ子の体験的海外ツーリング・ガイド」。

ガイド本とは名ばかり。26歳の彼女が、4歳下の女性と2人で、ナナハンを駆って世界1周ツーリングをやらかすという、当時、度肝を抜く体験をまとめた本なのだ。

行く先々でのエピソードは、自由奔放で小生意気。
そんな性格だからこそ、モンスターバイクを手なずけて、過酷なロングツーリングを駆け抜けることができたのだな、と思う。

本の貸主は、私が愛用したナナハンの前所有者。TV番組「金八先生」の生徒役だったタレントで、心優しいおデブちゃん。

彼は、一時バイクショップを開き、「ひろこの」というバイクショップのオーナーだった堀さんと、付き合いができたと舞い上がっていた。

ロングツーリングといえば、東京を引きはらうかどうかを決めるため、ナナハンで東京〜秋田を往復したのが最初で最後。
彼を通じて買った、「ひろこの」のロゴ入りの膝当てが役立ちました。

急な帰郷だったので、本を返しそびれてご免!! 
また会ってバカ話しよう。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.