ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2010年12月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2010/12/30(木) 312 送る
12月初旬、この小料理屋のこのカウンターで、旧知の同い年の男性と偶然会って、しばし昔話を交わした。ここまでは、さもない話。

その4日後、その男性の死亡広告が出た。亡くなった日時は隣り合わせた翌日で、杯を交わしたちょうど24時間後。
新聞に釘付け。貰った名刺の住所と違わない。全身が固まった。

その夜の彼は、かなり聞こし召していて、タクシーの運転手に自宅住所を告げて送ったほど。その時は挨拶を交わし手を振っていたが……

葬儀に参列しました。
彼は小、中学校の同窓生。同級生ではなかったので、仮に同窓会で彼と出会っても黙礼するか、月並みな挨拶を交わすぐらいの間柄。自身の基準からすれば葬式に参列するのがはばかられたのだが……

弔辞で、おぼろげながら分かったのは、亡くなった日は、元気にしていて、ある会合で着席したとたんに倒れ、そのまま帰らぬ人となったこと。2度目の心筋梗塞の発作だった。

1度目は14年前。本人は「一度失って、貰った命」と、
以前にも増してボランティア活動などに励んでいたという。

写真はクリスマスの夜の件の小料理屋。大分気持の整理もついた。

ご遺族の悲嘆はいかばかりかと思うが、同世代の男性から見ると
壮絶でもあり、ある意味潔く、うらやましい死に際のような気がした。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.