ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2010年3月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券
2022/01/15 4346 爆食い
2022/01/14 4345 出合い
2022/01/13 4344 様子見

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2010/03/02(火) 仙台の夜は更けていく
昨夜、秋田出身者にはお馴染みの「おでん三吉」を訪れた。仙台にはたびたび足を運ぶが、夜の部は初デビュー。初対面の三吉の二代目店主に名刺を渡したらしばし眺めて、「秋田市の私の実家に行ったことがある」ときた。
私の親父とは名前の漢字が一つしか違わない。顔も似ているらしくピンときたらしい。
近くに下宿し、姉がいたことも知っていた。
昭和37年で、親父は秋田県庁の課長だったということなのでほぼ、半世紀前のこと。
いわく、「親父は目が鋭かった。商売のことは何でもしろと発破をかけられた」(概略そんな話をしていた。私は酔っていたので語られた細かなエピソードは再現不能)。とても酒が進んだ。
店を出ると、みぞれ。タクシーの運転手は「この時期、雪が降るのは東京と同じ」と、へんてつのない季節の一こまみたいなことを言っていた。
親父が亡くなって早や14年。県外で親父の若い日を生き生きと語る人と出くわすとは思わなかった……。月並みだが何て世間は狭いんだ。この仙台の名残り雪は忘れられませんぜ!!


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.