ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2010年5月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/26 4357 持ち味
2022/01/25 4356 逆撫で
2022/01/24 4355 避難路
2022/01/23 4354 正反対
2022/01/22 4353 除排雪

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2010/05/09(日) 与作は木を切る!!
1995年の手帳の7月16日に、「新屋割山の土地、畑にすべく開墾。2時間弱」との記載がある。
きこりの与作のスタートである。

「ニセアカシアが茂ってきて困る」との周囲の住民からのクレームで、持ち主の女房の父親と2人で、ニセアカシアの巨木を切り倒したのがきっかけである。
10メートル超の木が30〜40本もあったか? 

業者も入れず重機も入れずただひたすら人力。まるで与作。腰におにぎり、斧、のこぎり、くさび… 

伐採は意外と楽。広さがあったので真ん中をまず伐採して木のない空間に。そこに向けて木を倒しながら、同心円状に範囲を広げて行った。根はタコウィンナーのように、比較的浅い土中を横に這っていく性質なので、約1・5メートルほど掘り下げて取り去ることができた。

9月4日、「『青首』『「聖護院』の2種類のダイコンを3畝に播種」とある。後にも先にも初めての成り物の栽培。生食に耐えるものはほんの数本。残りの40本ほどはマンションのベランダに干したが、サイズは極小。遠目からはシシャモを干しているように見えたかもしれない。

家庭菜園は向かない!! そうこうしているうちに、「ここに平屋の家を建てよう」という気持ちがむくむくと湧いてきました。

きこりは約半年続きました…。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.