ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2010年8月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券
2022/01/15 4346 爆食い
2022/01/14 4345 出合い
2022/01/13 4344 様子見

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2010/08/07(土) 167 みらいの夜は更けていく
竿燈最終日。みらい・お休み処も昨夜をもって店じまいです。
竿燈は4日連続。演技が一番中だるみするのは、3日目だそうです。
体力の維持、コントロールを考えてのことらしい。

でも、迎えた最終日。今晩でお仕舞いという、簡単に言えば“明日はどうなってもいいや!! ”という、ある意味「開き直り」「破れかぶれ」の意識が芽生えるようです。素晴らしい技が飛び出すのも最終日。

お休み処も、最終日を迎えて前夜に比べ、テンションはかなり高い。

昨夜のメンバーは、同伴の20代の娘も入れて平均すれば50代前半?? 職種も違うし、東京住まいもいれば地方出身で秋田市住も。現役バリバリやらリタイヤ組など、おのずと立ち位置が違う。

竿燈の演出、街づくり、再開発、経済再生など、酒量が増えるほど談論風発。総論賛成、各論で議論百出。郷土愛が共鳴していた。

飲み始めの6時台、会社の脇をヤートセの若いチームが足取り軽く舞台に向かう。少し年配のチームも負けずと晴れやかな表情で続く。

竿燈終了時には飲み方はペースダウン。そして各町内に戻る竿燈が、哀愁を帯びた囃子を奏でて去っていきました。
無理に言えば、時間を縮めた何かの盛衰を思わせる。

いい所に会社を構えたものだと思います。4日間を通じて、つぶさに今あるエネルギーを見た気がします。捨てたもんじゃないです。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.