ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2010年9月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/22 4353 除排雪
2022/01/21 4352 蟻地獄
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2010/09/22(水) 213 晩夏!?
毎朝起きてすぐ、松任谷由実の「Sunny day horiday」を聴いている。ピアノの和音がシンプルなリズムを刻むイントロ。
徐々に細胞の末端まで目覚めさせてくれるような気がする。

私としてはストレッチ、筋トレのBGMとして最適だと思っている

つい先だって、「天声人語」で彼女の「晩夏」の歌詞を見かけた。
なかなか涼やかにならない天候についての文脈の中だったと思う。

“ゆく夏に 名残る暑さは
夕焼けを吸って燃え立つ葉鶏頭”

ある意味へぇ〜 筆者の年代は? などと、つい考えてしまった。

1週間ほど前、ホースで障子に水を掛けてできた虹を見て、彼女の「夕涼み」を思い出した。

“HEY!DREAM ゴムホースで
きみがふと呼びこんだ虹の精”

淡い青春の恋を懐かしむ歌なのだが、自分にとっては、ガキの頃に手伝わされた障子張りと重なるのが、何となく気が引ける。

さりげない情景描写で、心をくすぐるのが彼女の卓越したところ。
世代を超えて引き付ける理由なのでしょう。
朝晩はめっきり涼しくなってきたので、話題としては少しずれました。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.