ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2010年9月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新の絵日記ダイジェスト
2023/02/01 4728 鞭打ち
2023/01/31 4727 湯張り
2023/01/30 4726 縁切り
2023/01/29 4725 時間差
2023/01/28 4724 流水音

直接移動: 20232 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2010/09/26(日) 217 焼きマイタケ
主婦同士のおすそわけネットワークがあることは、何度か書いた。
近頃はめっきり涼しくなり、秋本番。秋の味覚ですね。

昨日の夕刻、春は山菜、タケノコ、秋はキノコと山の幸を運んでくる女房の友人が、採りたての天然マイタケを届けてくれた。

「うれしいが!! 」と、彼女が手渡し。
「うれしいよ!! 」と、頂いたそうだ。

次のおすそわけ宅に向かうため、話もそこそこに立ち去ったが、そこは十数年来の陶芸を通じた仲間。気持はしっかりつながっています。

ある時期、彼女は“山の幸ハンター”の仲間に引き入れようと、女房をタケノコ採りに誘った事があった。
天分のなさにあきらめられたのか、次からのお誘いはなし。

その時から、山の幸のおすそわけネットワークの一員が確定したようです。

マイタケはとびきり新鮮。
採れたてのタケノコと同じくシンプルに焼いたのが一番。

これも、別のおすそわけに頂いた素焼の壺に入った“深海の塩”でおいしく頂きました。

香りと、コリコリした繊維質の歯ごたえがたまりませんでした。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.