ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年1月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2020/05/30 3751 給付金
2020/05/29 3750 朝昼晩
2020/05/28 3749 呼び名
2020/05/27 3748 旬の味
2020/05/26 3747 やる気

直接移動: 20205 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/01/07(金) 320 ご不便をお掛けしました
昨日の6日、同業者から年賀のお電話をいただきました。
「年賀状ありがとう。でも、お宅の年賀状に電話番号がなかったよ」

「そんなはずはない」。半信半疑で確かめると、「ない!! 」

印刷屋さんとメールで5〜6校ぐらいはしたはずなのに。

ホームページアドレスのほかに、メールアドレスを入れるかどうか迷った末に入れませんでしたが、電話番号については気にもかけなかった。
電話番号は入っているものだと思い込んでいました。

今年の賀状については、会社設立後初、ということもあり、粗相があってはいけない。

キッチッとスケジュールを立てて、例年のように31日に郵便局に掛け込むような愚は避けよう。例年になく緊張感をもって臨んだのに……

年賀状自体にミスがあったとは。
足元をすくわれた思いです。恥の“かき初め”です。

「字や数字に誤りがあった」といった積極ミスではなかったのが救いか。

「ネット時代だから電話番号を省略した」。
そんな意味は毛頭ありません。ただの単純ミス。

ご不便をお掛けして申し訳ありません。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.