ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年10月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2018/12/16 3220 共通点
2018/12/15 3219 防雪網
2018/12/14 3218 手解き
2018/12/13 3217 印度風
2018/12/12 3216 未調整

直接移動: 201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/10/13(木) 600 “摩天楼”
600回を迎えた。こんなに続くとは思っていなかったから、ここで止めるのは惜しい。体力と、ネタと、時間が許す限り……
ということで、もうしばらくはご辛抱を。

「ひとこと」スタート時点の我が家の前は、更地。宅地造成された今は、6メートル幅の周回道路が走る。玄関前が、ちょうど川に浮かぶ島のように見える5区画。すべてに総二階の家が姿を現した。

キューブを基本に、高さを競うように建てられた“のっぽさん”が島に林立する様は、ハドソン川に浮かぶマンハッタン島!? をほうふつとさせる。かなりオーバーで、口に出したら顔が赤らむような表現ですが、
見上げると結構圧迫感があります。

更地になる数年前までは、木造平屋の市営住宅が建っていた。
床は低く、天井も低く、夏蒸し暑く冬寒く、何よりも老朽化が進み、
お世辞にも住みよい住環境ではなかったろう。

そして今、高断熱高気密は当たり前。さらに各々のハウスメーカーの売り物の何とかかんとか。住み心地を競う色んな工夫があるようだ。

今朝も工事関係者の車が各現場に数台ずつ。トントンカンカン、エアーコンプレッサーや丸ノコなどの音が喧しい。この喧噪が終わると……

各ハウスメーカーがそれぞれ腕によりをかけた快適生活が待っている。
そして旧住民よりはるかに世代は若い。
“マンハッタン島の新住民”との世代ミックスに期待です。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.