ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年10月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2018/12/15 3219 防雪網
2018/12/14 3218 手解き
2018/12/13 3217 印度風
2018/12/12 3216 未調整
2018/12/11 3215 災害時

直接移動: 201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/10/26(水) 613 ムクドリ
深夜、強風とともに大波のように寄せては返す激しい雨。屋根を叩く音もすさまじい。そして最後の大波が引いていく瞬間に、パラパラと屋根を叩く乾いた音。朝までアラレが残っていることはないだろう。

朝起きると庭には、ムクドリの群(たぶん)。ころころ肥えている。

このショットは2回目。最初の1枚を撮った後、携帯を出窓にコトッと置いた際に、一斉に飛び立ち、5〜6分後に戻ってきた連中です。

よくもまぁ〜 あんな小さな音に敏感に反応し、間抜けの落後者もなく、0・何秒間のごくごく短時間に一斉に飛び立ったものだと、感心です。衝突して1羽ぐらいは脳しんとうを起こしそうなものですが。

小魚の群泳は見事だ。自分より大型の魚から身を守るため、群泳することで巨大魚に見せる知恵だ。敵に襲われて逃げる際、背の群青や腹の白さを、全体的にキラキラと見せながら、時には鮮やかなグラデーションで急旋回する様は、竜がくねるように見える。

パニック状態なのに、ぶつかることもなく距離を保ちながら精緻に、超スピードで一糸乱れず…… コンダクターは…… 情報伝達は……

ムクドリの場合、一斉に飛び立つ前は、ご覧の通り1羽1羽が餌取りに夢中。それでも、スペースを確保し、危険に備えているのだろうか。

「ちょっと待ってよ!! 」 という奴はいないのだ。そんな奴が猛禽類の餌食になることが身に沁みついているのだ。きっと……


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.