ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年10月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券
2022/01/15 4346 爆食い

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/10/30(日) 617 ナガイモ
ゴルフのアプローチの練習をしていて、3発ぐらいは、ちょうどオーナーが穴掘りしているあたりまでボールが飛んで行った。

我が家の敷地を越えるなんて、明らかにOB。ムリムリと土から出始めたダイコンを気遣いながら、探しに行ったのはつい最近。

でも、何が植えられていたのか思い出せない。
オーナーがなんのための穴掘りか……。

朝食を終え、再び見ると傍らにナガイモ。収穫のため、腰が隠れるほど、穴を掘るのだ。結構辛いだろうが、それも吹き飛ぶのか…… 美術品や埋蔵文化財を扱うように丁寧にナガイモを地面に並べていた。

でも、そんな苦労をしないで済む方法もあるようですね。いわば、アナゴ漁のように。1メートルほど長さのパイプを真っすぐ地下に埋め、その中で育つようにする…… それだとグニャッと曲がることもないし、収穫は、ただパイプを引き上げればいいだけ……

畑のアナゴ漁!? 確か産地では、そんな方法がとられているようだ。

家庭菜園でそれをするにはコスト高か…… そんなら、小屋にある余分な雨樋用のパイプを加工してプレゼントしようか……

引退宣言をしたもう一組のご夫婦は、あまり姿を見せなくなった。

その代わりにはなれないが、少しはお役に立ちたくなるこの頃です。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.