ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年10月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/10/31(月) 618 手入れ
確か10年近く前の銃砲検査の提出書類に、「ガンロッカー、弾ロッカーの置かれている場所を家人が知っているか」を聞く項目があった。

当たり前に「知っている」に○をして提出しようとすると、世話役の猟友会の方に「それだと通らない」と×に直された。腑に落ちなかった。

ガンロッカー、弾ロッカーは結構かさばる。建物に固定することも求められていたので、家人の目を盗んで設置するなどは、ほとんど不可能。仮に気取られなくても、勘のいい奥方には、ほどなく察知されよう。
  
大豪邸ならいざ知らず、こんな住宅事情で秘密スペースなど……

嘘っぱちの書類を作るのに、大真面目で消しゴムを使う猟友会の方々に同情を禁じ得なかった。そんな理不尽な質問が、無くなったのは進歩ですが……

壁に銃が架かった書斎でくつろぐ…… これも男のロマン? などと、思っていたのだが叶わぬ夢。鉄製のカギ付きロッカーにひっそりとしまい込まなければならないのだ。

かなり洗練された趣味と思っていたが、規制規制で、息が詰まる。

銃のカーボンを落とすための手入れは、銃を愛でる大切な時間……

機能美というか、工芸品のような木部、それに接合する精密加工の機関部を手にとって眺めたりしていると、時間を忘れるのだ。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.