ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年11月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/11/01(火) 619 ダイコン
日曜の朝。「被写体にするからここに置いて」と、お願いしたわけではない。ダイコン干しの用の柱を立てに来た引退宣言の旦那さんが、なぜかダイコン2本を地べたに並べていた。

素人目からも、今年の秋ダイコンは不作だ。それを一番知っている旦那さんが、戯れに2本を引き抜いてみたのだろうか。

「なんと、初めてだ。こんなに出来の悪いダイコンは」
自分の撒いた殺虫剤が悪かったのかと、分析するが、それを使わない隣の畝も同様に葉も茂らず、肥大にはほど遠い。「病気だべか」

「今年は、柱も半分でいい」。ダイコンの白いカーテンは規模縮小になりそう。

彼は大正13年生まれ。数えで米寿だそうだ。颯爽と自転車にまたがる姿は若々しいが、今年の夏の暑さには死ぬかと思ったほど往生したらしい。不作のダイコンには心残りもあろうが決意は固そうだ。

そんな、ダイコンも我が家では、ダイコンなますになったり、ダイコンサラダ、焼き魚の付け合わせ、なめこ汁にと、大活躍。葉っぱだって味噌汁の具になったりと、毎日大重宝。おいしく頂いている。

旦那さんやら、庭を横切って届けてくれる奥さんの元祖“顔の見える農作物”でもある。

たまたま出来が悪くたって…… こんな幸せなことはない。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.