ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年11月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券
2022/01/15 4346 爆食い

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/11/23(水) 641 音
東京で学生生活を送っていたころ、冬などに帰省して寝床に入ると、
吸い込まれるような静寂によく驚いた。

都会では、重低音というか、色んな音が混じり合った潮騒の“ようなもの”に馴らされていたことがあらためて意識させられた。“ようなもの”は一言でいえば都市騒音なのだが、ふさわしい言い方はないものか。

10数年前に市中心部から海岸に近い住宅地に引っ越した際、古くから近所に住む友人に「深夜に潮騒は聞こえる?」と、聞いて大恥をかいた。「聞こえるわけがないじゃない。大通りを走る車の騒音!」と、一笑に付された。

私の聴覚は、都市騒音=潮騒らしいのだ。

家の前が6m道路になり、街らしくなって深夜の音にも変化がある。数々の屋根、家々の隙間、電柱、張り巡らされた電線……

季節風の風下の我が家に影響がないわけはないのだ。

新たに増えた音は、遠くで列車が走る音の“ようなもの”。
列車でないのは、レールの継ぎ目に車輪が嵌った時の、
ゴトン、ゴトンという音がないことから分かるのだが……

深夜、ベッドの中で耳を澄ますが、なかなか発生源が思いつかない。
だからといって都市騒音の一語で済ませたくない。
“ようなもの”は、何だ?? そして、何と表現すればいい??


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.