ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年11月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券
2022/01/15 4346 爆食い
2022/01/14 4345 出合い
2022/01/13 4344 様子見

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/11/28(月) 646 ウメモドキ
日曜の朝早く、ウメモドキが玄関先に置いてあった。
この赤い果実は、彩りが少ない雪国の冬には貴重です。

置いてくれたのは、もちろん“山菜ガール”さんです。
玄関を入った正面の甕には、4〜5年前に頂いたウメモドキがあり、彩りを添えていました。

早速、新旧交代です。

色がこんなにも違うのには驚きでした。色落ちと、時々は衣服をひっかけては実をちらしたので、梅の老木といった風情がある。

少し色落ちした実は、梅のつぼみのように見えなくもない…… 

和名の由来は、葉っぱと枝ぶりが梅に似ていることや、花も似ているからで、実がつぼみや花に見えるからではないらしい。

長い冬に入り、春を待ちわびる気持ちを赤い実に託したのかなぁと、ぼんやり考えていて、無頓着な私は、実は実そのものを花のつぼみように見立てていました。風流を解さない私でした。

彼女はネットとは無縁。「ひとこと」に登場する度に、女房がコピーを手渡ししているのが、お礼の電話のやり取りで分かった。
隠れた読者の1人でした。

ウメモドキはメンテナンス付きでした。本当にありがとうございます。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.