ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年12月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2019/12/12 3581 技術力
2019/12/11 3580 小走り
2019/12/10 3579 肩凝り
2019/12/09 3578 冬景色
2019/12/08 3577 絵日記

直接移動: 201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/12/01(木) 649 同じ轍を踏む
今日から師走。「等圧線がきれいに並ぶと…… 」と、気象キャスターがいっていた通り、寒さが厳しい朝を迎えた。隣の畑の畝の高い部分に帯状に白い雪。チョコ菓子に粉砂糖をふりかけたように見える。

さて、昨日は延期となっていた知り合いのご夫妻とのラウンド。
台風がらみの強い雨風の中でプレーした“戦友同士”。
寒さにはめげてられないと、数日前に意思確認していたが、薄日も差す願ってもないゴルフ日和になってくれた。

太平山の峰々がコース上空に鎮座する絶好のビューポイント。
シーズンも終盤で、フェアウエーの改修作業が行われており、私らのティーショットのため作業員さんたちが退避している。まあ、気にならないわけでもなかったのだが……

ゴルフは内なる敵との戦い。
同じ轍を踏まないことが、至上命題なのだが、いともやすやすと踏んでばかりいる自分がいました。失敗の山を築いていたショートホールでは、唯一の成功体験に引っ張られてクラブ選択を誤るし……

今年最少スコアでラウンドした前回は、明るい前向きな気持ちで「クラブは納められない」と、思っていた。その高揚感も一気にしぼむ昨日のラウンド。今度は悔しい気持ちで「絶対、クラブは納めない」と、決意を固めていた。

ゴルフは一筋縄ではいかない…… これが魅力でもある。
粉砂糖は、いつの間にか消えていた。天気と相談する日々が続く。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.