ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年12月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2020/01/18 3618 息遣い
2020/01/17 3617 心臓部
2020/01/16 3616 膨ら雀
2020/01/15 3615 麺食い
2020/01/14 3614 無防備

直接移動: 20201 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/12/08(木) 656 イルミネーション
秋田駅に向かう傘を差した女子高生の肩越しに、
カトリック教会のシンプルなツリー状のイルミネーションが見える。

千秋公園入り口の信号でストップ。穴門の堀の黒い水面に黄色の清楚な光が映える。しかし、携帯を取り出すのにてこずった。

7日午後4時1分。木の内前の信号で止まった際のカット。

残念ながらツリー状のイルミネーションの1部がかすかに見える程度。
当然、堀の水面もない。失敗作です。

でも、雨滴がついた車窓に映り込んだ隣の車線のテールランプの赤や、バックミラーに映った後続車のヘッドライトなど、予期せぬこととはいえ、師走の気ぜわしさのようなものが凝縮されている。

教会のイルミネーションは、商業主義がぷんぷんしないのがいい。
10本にも満たないゆったりとカーブを描く光のラインだが、
堀越しに見るとえもいわれぬ雰囲気。

雲が厚く雨模様。暮れるのも早い。そしてツリーのイルミネーション……
ツリーやリースが目につくようになると、なぜか気ぜわしくなる。
条件反射でしょうか。

師走の前哨戦がスタート。そしてクリスマスが終わってツリーのイルミネーションが消え、年賀状が元旦に必着する締め日の25日を過ぎると本当の追い込み。当たり前ですが、気ぜわしさはピークになりますね。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.