ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年2月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
最新の絵日記ダイジェスト
2020/05/30 3751 給付金
2020/05/29 3750 朝昼晩
2020/05/28 3749 呼び名
2020/05/27 3748 旬の味
2020/05/26 3747 やる気

直接移動: 20205 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/02/16(水) 360 森になりたい
「田沢湖をコメの備蓄庫にすればいい」
適温のところに沈めるだけ。電気は食わないし建物もいらない。
「また、ホラ話が始まった」と、言われたものだと涼しい顔。

これはほんの一例。さまざまな気宇壮大な話を聞かされた。

県を動かし木炭備蓄を実現させた。備蓄木炭が阪神大震災の避難民の心や体を温めたことを、つい昨日のことのように語っていた。
時には実現するのだ。

私と彼の打ち合わせは、ほとんど独演会。9分9厘は研究テーマの木炭や森とのかかわり。最後の1厘で仕事の話。メリハリが効いている。

今年に入ってから案件を受け、2人で物件調査に出掛けたり、打ち合わせを重ねてきた。
一昨日、連絡すると専務の息子さんが「今日亡くなりました」

享年84歳。県庁OB。ビルオーナーでもあり木炭の専門家。
「夕陽の松原守り隊」の会長として炭焼きの指導にもあたっていた。

彼を紹介した手元の冊子に、
彼の手になる「私は森になりたい」との色紙が載っていた。

最後にお目に掛かった時は、瞼が重そうだった。
昨日弔問した際は、楽しい夢でも見ているような瞼をしておられた。
森になった夢を見ているのだろうか。もっと話を聞きたかった。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.