ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年2月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
最新の絵日記ダイジェスト
2020/05/29 3750 朝昼晩
2020/05/28 3749 呼び名
2020/05/27 3748 旬の味
2020/05/26 3747 やる気
2020/05/25 3746 仕切り

直接移動: 20205 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/02/18(金) 362 幻の酒
「どぶろく」と銘打った市販の酒があるのだ。
信州の酒。上澄みが分離し、一升瓶の底にいくほど濁りが濃い。

私たち4人と、おかみさんとで「どぶろく」談義が盛り上がる。
山懐の集落で育った彼女は、「密造酒Gメンの査察が入ると『鬼が来た!! 』と隣触れに駆け回ったもんだ」。

各家々で緊急度に応じた対応があるのだが、
にっちもさっちもいかなくなればトイレや川へ…… 

これといった楽しみのない昔、お目こぼしもあってもよさそうなのだが、
知恵比べ、イタチごっこが続いたそうな。

今では、どぶろく特区もできるご時世。そんな話もとんと聞かない。
でも、昔から“御禁制の品”であることには変わりない。

名人と呼ばれる造り手が亡くなり、遺品ともいえる残りわずかの「どぶろく」が飲めるかもしれない……
世の男性、特に飲ん兵衛には、この手の誘いは絶大な効力がある。

1も2もなく出掛けた。露払いの信州の酒は、とっくりから泡があふれ出るほど発酵が進行中。猪口の酒も泡立っている。
固形物も多く「まるで噛む酒」。とっぷりと酔いました。

さて、“御禁制の品”は、幻の酒に終わったのか…… 
記憶が定かでない。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.