ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年2月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
最新の絵日記ダイジェスト
2020/05/29 3750 朝昼晩
2020/05/28 3749 呼び名
2020/05/27 3748 旬の味
2020/05/26 3747 やる気
2020/05/25 3746 仕切り

直接移動: 20205 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/02/20(日) 364 雪壁
刑務所前の道路が広く感じるようになって、かなりの日数が経つ。
今朝8時51分の雪壁。泥はねで汚れ、断面はでこぼこしている。

標高の高い道路にも春が来ると、リール式の除雪車が造り出した
雪の回廊が、TVをにぎわすようになる。

その雪壁に遠く及ばないが、ここでも、除雪した直後は、鋭利な刃物で切り取られたような断面で、道路に垂直な雪壁となっていた。
雪壁とは大げさで、まんじゅうを半分に切り落としたような感じ……

それも今では、視界の邪魔にならないほど小さく縮まっている。

昨日もよく見かけたが、晴れ間とともに暇な男性(暇でない男性も)が外に出て、残り少なくなった雪の塊と格闘し始める。

一番の目標は、何度も解けては凍りついた氷状の雪を道路から引っ剥がすこと。「この作業が好きだ」という男性は多い。
私もガキの頃、「危ないから」と言われつつも、
手斧で氷剥がしに精を出した。

その当時の方が手強かった。固く、氷の透明度も高く、きれいだった。

この作業、雪との闘いの最終工程。

今朝の雪で、出はなをくじかれた人も多いかと思う。
気温が上がれば、春を迎える作業に精を出す人が繰り出すかも。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.