ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年2月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
最新の絵日記ダイジェスト
2020/05/30 3751 給付金
2020/05/29 3750 朝昼晩
2020/05/28 3749 呼び名
2020/05/27 3748 旬の味
2020/05/26 3747 やる気

直接移動: 20205 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/02/03(木) 347 春便り
この時期、ゴルファーが首を長くして待ちわびているのはゴルフ場からの“春便り”。昨日、秋田市の南に位置するゴルフ場の“マルチ営業マン”君が会社にやって来た。

私が早速、「だいぶ、雪が消えたべ!!! 」と、冗談を仕掛けると、
若い営業マン君は「がははは!!! 」の大笑い。

県南が記録的な大雪に見舞われている状況を考えるまでもなく、
昨日は、たまさかの晴天だったにしろ、雪が消えていく状況ではない。

曰く、積雪は1メートル近く。吹きだまりは2メートルを超すとのこと。
一番厄介なのは、クラブハウスの屋根雪と、地べたに積もった雪とがくっつくこと。いわば鍾乳石と石筍が合体して柱になるようなもの。

天然の“かまくら”にクラブハウスが閉じ込められるのだ。
行き場を失った屋根雪で、クラブハウスが押しつぶされないか……
だるま落としのように、地べたの雪をどけて、スペースを作るのだそうだ。

昨シーズンはレストランの仕込みをして3月第1週からの本格営業。
「今シーズンは?? 」と水を向けると、「天気次第ですね…… 」

うんざりするほどの大雪。
でもこれなしでは自然や農業の営みも成り立たない。
山は水をたっぷり蓄えたし、冬将軍の引き際は鮮やかであってほしい。

本当の“春便り”を待っています。写真は玄関前の天然“かまくら”


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.