ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年3月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2024/05/28 5210 在来種
2024/05/27 5209 松枯れ
2024/05/26 5208 回覧板
2024/05/25 5207 妖怪話
2024/05/24 5206 値頃感

直接移動: 20245 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/03/02(水) 374 思い出せない
解体ビル現場を、いつも見ているのとは逆の方向から見てみました。
この写真でいえば、ビルがあれば空の95%は隠れていたはず。

喪失感というか、複雑な気持ちになる。

「いま駐車場だけど、前はなんだったっけ?? 」
なかなか解体前の家屋やビルが思い浮かばないことが度々ある。

どうも私だけではないらしい。
結構通い慣れた街並みですらそうだ。

ビル街とか、住宅街というように、漠然としか見ていなかったからだろう。
ある一角の記憶をたぐろうにもたぐれない。
手がかりゼロなのだ。

そういえば、手前に広がる駐車場。
これも、かなり前に解体されて更地になった場所だ。

特別に風情があった場合は簡単に記憶をたぐれる。
ここには黒塀を回した豪壮な町屋があったのだ。

このビルに関しては広さもあるし、よもや
「ここは前は何だったけ?? 」とはならないと思うが……

そぞろ歩く人が、「前は○○だったんだよね!! 」と、
明るく振り返れるような街並みに再生されればいいのだが……


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.