ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年5月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2020/01/29 3629 電熱線
2020/01/28 3628 幸福感
2020/01/27 3627 金属音
2020/01/26 3626 手巻き
2020/01/25 3625 西洋風

直接移動: 20201 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/05/31(火) 465 洗浄
ようやく、目の前の解体工事が終了だ。昨日、工事関係者が挨拶に来た。昨年8月中旬の仮設工事に始まり、3月末の完工が、2カ月延び、やっと今日31日をもって終了するという。

「伸び伸びになったコストはだれが負担するの?」。「請負仕事ですので…」。言葉を濁す彼の苦衷は察して余りある。失礼いたしました。

一方で、現場責任者として、近隣住民への対応で矢面に立たされる場面もあって、肩の荷が軽くなった気持ちもないわけではない。

「工事中のほこりを落とさせて下さい」との申し入れには、
“終わり”を迎えた達成感、安ど感が漂っていた。

「地下構造を残した解体跡地には、高層ビルが建てられないの? 」
そんな噂? 見解? を耳にしていたので、ただしてみた。

結論はOKだそうだ。更地にしたはいいが、制約があって高層建築物は建てられないでは、何のための解体? と言わざるを得ない。
跡地利用を考える人の手を縛ってはいけないのだ。少し安心です。

婦人会館跡地の再開発が進行するのに従って、連鎖反応ではないが、次はどこ? と、関心、マインドがシフトすることは予想に難くない。さて、ここは??

かつて、商業の中心だった茶町菊ノ丁を見守って来た町屋。鎮座して105年。洗浄される様子を見ながら、来し方行く末を思った。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.