ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年6月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/06/11(土) 476 チキンカリー
昨日、契約を貰っているオーナー婦人から、レトルトカレーを頂いた。
「『温めるだけでこんな本格的カレーが家で食べられたら、店はあがったりだね』。カレー専門店にこう言わしめた」逸品と記された、
06年の東京紙の切り抜きが添えられていた。

被災地、宮古市にあるカリー亭(=写真の表記)のカレー。
もちろん、壊滅的打撃を受け、最近になって復活した。

俗に「秋田の足引っ張り」、「岩手の手引っ張り」という。
今回の復活劇には、その極みというか、それでは言い尽くせないほどの連帯があったことが想像できる。

パッケージには「食材王國岩手発」。厳選された地元食材がおいしさの元。いまだ混乱が続く中で、こだわりのカリーを復活させた“亭主”の頭には、たぶん「妥協」の2文字はなかったろう。

“亭主”の理想を支え、その意を受けて食材を提供した県民の団結力の結晶が、そのレトルトカレーに見てとれる。

レトルト食品がスーパーなどから姿を消した大震災直後、私たちはレトルト食品の有難味が十分身に浸みた。が、これはそんじょそこらのレトルトカレー、あるいは高級グルメカレーとは違う。
おいしさも格別なら、“被災地発のカレー”なのだ。

ご婦人は「買って協力することしかできないから」と、手渡してくれた。
骨付き鶏もも肉が1本、ごろんと入っている。心して味わいたい。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.