ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年6月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/06/20(月) 485 手作り道具
「毎日が日曜日」の隣の畑のご夫婦。晴れ渡った空を眺めては長嘆息。「地割れがきた!! 」と、奥さん。「これだと死んでしまう!!」と、旦那さんは自転車で水運びに精を出していた。

彼の目に止まったのが、一番手前の手作り道具。厚板に5寸釘を150本打ちつけてある。釘の先がほぼ5センチ間隔で10センチほど出ているので、取り扱い注意の代物。

使用法は、柄の部分を持って、地べたにドスンドスンと打ちつけるのだ。そうすると1回で5寸釘の穴が150カ所、地面に開くという寸法。

まさに、ドスン、ドスンの最中に、興味深げに自転車を止めた。
「水を浸もわせるためだが?? 」。当たらずといえども遠からず。

本来は、エアーレーションのための手作り道具。芝生の根が成長とともに密集して、酸欠になるのを防ぐため、風穴を開けるのだ。
空気の通りがいいところには、水が浸みやすいのだから……

芝生管理は本当に手間暇かかる。そんなこんなで、現在、芝生らしい体面を保っているのは、この玄関先を含めほんのわずか。
でも、時間がない状況は変わらない。

そして、「ゴルフを止めたんだか?? 」と、痛い所を突いてくる。一時、私の手で裏庭が、グリーン、フェアウエーとセパレートされた見事な芝に覆われた時期があったことを念頭に、「もう、諦めたの?? 」。
実に歯がゆい。「暇がなくて…… 」 うーん。何とかしたい!!!


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.