ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年6月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/06/21(火) 486 父の日
今朝、待望の雨。地べたも体も干からびる寸前だった。うれしい雨。

昨日、この車の中で父親賛歌を聞いていた。大震災以降、ラジオから頻繁にキッズソングが流れるようになった。そして「父の日」の翌日でもあったので、子供目線のほのぼのとした歌詞が心に浸みた。

家ではぐうたらで、時々「ブッ!! 」と、やらかすパパも、仕事では一転、キラキラ輝く存在。そんなパパを「うちのパパは最高だぜ!! 」
と、歌い上げていた。実際にパパが聞いたら涙が出るね……

その日は、元の会社の役員の実父の葬儀と、その役員の無二の親友で、最近関連会社の社長に就任した元上司の内輪のお祝い会。
慶弔が重なる慌ただしい一日だった。

喪主挨拶で、言葉を詰まらせとつとつと語る彼は、もちろん父親。
5月に癌が見つかり、わずか1カ月半ほどで「尊厳死」を選んだ実父に、子として汲んでも尽きぬ敬愛の情を注いでいたことが、言葉のはしはしに感じられ、心が打たれた。

その法事もそこそこに切り上げて、祝いの席に駆けつけた彼も、もちろん父親。前日の父の日は例年にも増して華やかだったろう。

かくして、父親の威厳、尊厳というものをつくづく考えさせられた一日だった。が、待てよ!! 当たり前のことだが、子宝に恵まれなかった私には、父の日が来ないのだ。これって差別!! だれか“裏父の日”でも作ってくれ。少しでも父親気分を味わいたいじゃないか!!


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.