ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年6月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/18 4349 弱毒化
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券
2022/01/15 4346 爆食い
2022/01/14 4345 出合い

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/06/04(土) 469 着替えよう
ゴルフに出掛ける際、黒革に尾錠付きの腕時計は似合わないと思っている。ずいぶん昔、時計メーカーのCMのキャッチコピーに、「なぜ時計は着替えないの?? 」があった。ビジネスにはお堅い仕様、カジュアルにはおしゃれ系やいかつい系を…… の勧めだ。

手持ちは1個だけ、などナンセンス。もっと買ってよ!! くだいて言えばこうだ。私は大いに納得していた。土曜出勤のラフな格好に、黒革時計をしてきて「しまった!! 」と思うのだ。

そうは言っても、腕時計がケータイにとって代わられ、例のキャッチコピーを信奉しているのは希少人間になっているのかも。

それにしても、一時、世界を席巻した日本の時計メーカーは元気がない。それにひきかえ意気盛んなのはスイスメード。文芸誌や経済誌などのカラーグラビアを埋め尽くしている。

最近、「独立時計師」なる職人の存在を知った。スイスには、伝統技法による時計作りの職人を育てるシステムがあり、その腕を競う展示会もある。スイスメードがいまだに確固たる地位を保つ原点を見た。

一方、日本は一定の方向に雪崩をうって、後戻りできなくなっている。
でも、その展示会に「時計師」としてデビューした日本の28歳の若者がいる。なぜかホッとした。まだ日本は捨てたもんではないと思うのだ。

片袖を脱いだと安心したら、この期に及んで着替えを渋り始めた人がいる。これじゃ日本は救われない……


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.