ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年7月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の絵日記ダイジェスト
2024/06/12 5225 荒療治
2024/06/11 5224 離発着
2024/06/10 5223 関節痛
2024/06/09 5222 胡月池
2024/06/08 5221 水曜日

直接移動: 20246 5 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/07/14(木) 509 お帰りなさい
女房の父親が7月11日午前1時17分に亡くなった。98歳。
病室で死亡確認する女医が、「自宅でこれまで、よく頑張りましたね」と語りかけていた。

6月30日まで自宅で一人暮らしをしていた。泣き言を言わない頑張り屋だ。一緒に食事をしたり、交代で寝泊まりしていたが、一人でいる時の不安や病状の進行などで、最近では少し弱気を見せることも。

入院見舞いに行くと、入浴の後。「もうくたくただ!! 」と、吹っ切れたような表情で話していたのが印象的だった。入院したことで、さまざまな心配から解放され、緊張の糸が切れたような、達観したような雰囲気を感じた。

11人兄弟の2番目。180センチを超す長身。その兄は私の父と秋田中学同期で同様の偉丈夫。戦陣では先頭を切って突進すると、同窓生のだれしも疑わない勇猛な男。硫黄島で帰らぬ人となった。

父は滅多なことで、戦争の話はしなかった。女房の父親は朝鮮に出征していた当時を、ただ一度も口にすることはなかったらしい。
これが戦争の時代を生きてきた大正生まれの矜持であろうと思う。

病院暮らしはほんの12日間。そして眠るような穏やかな表情で旅立った。13日の昼、ほぼ2週間ぶりで住み慣れた自宅に帰ってきた。

喪主が胸に抱えた遺影は、私の父が撮影したスナップを拡大した。
さまざまな縁を感じる。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.