ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年7月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/22 4353 除排雪
2022/01/21 4352 蟻地獄
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/07/17(日) 512 合掌
慈愛に満ちた笑みを浮かべて合掌するお顔がいい。合掌 とある。

父親が亡くなったことを知り、女房の親友が手紙とともに送って来た。

その彼女は、那須の“別荘”のオーナー。
3・11以来、これまで以上に連絡を取り合うようになっている。

お互い被害はないにしても震度を示す東北全図には、赤やら青などの表示がなされる見た目上の地震エリア内同士。
連絡を取り合わないことには安否確認ができないのだ。

絵手紙を習っていることは知っていて、折々にふれて絵手紙ならぬ絵ハガキを送ってきてくれていた。3・11以降も何枚か届いている。

今回の菩薩像は、これまでで最高の出来ではないかと思う。
簡単な文面には、数年前に亡くした実父の思いを重ねていることがうかがえた。真剣な思いや愛情が絵を輝かせている。

10数年前、私の実父の桜の時期に行われた法要でも、彼女が線香を上げてくれた。桜巡りの道すがらだったが、何かと縁が深い。

私とは結婚式以来、女房とは社会人になりたてのときからの付き合い。それだけ長いと、さまざまな事柄が起こる。
それぞれの肉親の死が、悲しみの最たるものだろう。

封筒の封印がまたいい。緘とか〆ではなく、『友』の1字で封じていた。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.