ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年8月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/23 4354 正反対
2022/01/22 4353 除排雪
2022/01/21 4352 蟻地獄
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/08/12(金) 538 忌明け
昨日は義父の忌明け。
市内旭北寺町の本堂で法事がまさに始まらんとした時、お墓を望むガラス窓の敷居をけだるそうに歩き、1匹の白ネコが登場した。

朝から暑い。こちらは黒服。蝉時雨のなか、扇風機だけの本堂はうだるよう。チラッ!! チラッ!! 正面の祭壇に座る20人足らずの列席者に視線を送り、この辺でいいかと、やおら腹を敷居に乗っけてリラックス態勢。

「目障りかもしれないが、法事の進行は妨げませんよ!!」「悪さはしないから、ほっといてね!!」と言っているよう。実に絶妙な距離感。

時々、鈴の音で首をもたげたり、耳を動かしたりしたが、居続けた。

和尚さんが朝業をするように、ネコにとっても、涼しい居心地のよい場所を求める暑い夏の当たり前の行動だったろうなぁ〜と、妙に納得。

お互いの存在を尊重し合うというか、共存関係があるなぁ〜 と思ったりしていた。蝉時雨の中、納骨も無事終了です。

97歳の大往生。引き続いて実家の隣で行われた会食は和やか。
残された弟たちにも、思い出の一杯詰まった場所。遠くに目線を送りながら、昔の、そして子供時代の話に興じていた。

目線の先の故人に語り掛けるように……
お人柄のなせる業ですね。穏やかに忌が明けました。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.